パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ビーゴリ祭り Festa dei Bigoli :: 2012/05/23(Wed)

大きな地震の被害があったり、大雨やら低温続きで冴えない天候が続くここ最近。あまり明るいニュースを耳にできずにいる。

とはいうものの季節柄ということもあり、あちらこちらでサグラ(フェスタ)が開催されるようになってきた。

ここはパドヴァの郊外にあるトッレーリアTorregliaのルヴィリアーノLuviglianoで開かれたビーゴリのフェスティヴァル。
フェスタとはいっても夜またはお昼に仮のレストランのテントができてそこで料理を食べ、夜はたいていダンスパーティとなるもの。ダンスパーティといったって…そんな素敵なもんではないが、近所のおじさんおばさんがお尻をふりふり踊る感じ。(だと思う。今回のここでは目撃していないので)

料理はビーゴリのフェスタだからビーゴリ。アナトラ(鴨)か牛のラグーか、ピゼッリ(グリンンピース)かの3択。あとは鶏肉やら骨つきの豚肉やらサルシッチャの焼いたものやバッカラの煮たもの。ヴィチェンツァ風に油と牛乳で煮込んだもの。

テントの中はちょうど昼どきのいい時間だったので結構な人の混雑。テーブルには着くもののなかなかオーダーを取りに来ないので、お腹をすかせたままおあづけ状態。

R0030286_convert_20120523170907.jpg

料理は山のようにできているので、自分でトレーを持って取りにいきたいものだけれど、従わなくてはならないので、静かに待つ。隣に居合わせた家族としゃべっているうちにようやくありつけた。ビーゴリ。これはピゼッリの煮たのを合わせたもの。この時期ピゼッリは新鮮だからとっても美味しい。

R0030287_convert_20120523170926.jpg

鶏肉のグリルは別テントで煙モクモクになりながら焼いているおじさん達のことを思いながらいただき、

R0030283_convert_20120523170825.jpg

定番のバッカラは合わせたポレンタとも塩がけっこう効いていて美味しかったけど、水をゴクゴク飲んできた。

R0030290_convert_20120523170945.jpg

ここはヴェネト特有の郊外に建てられる邸宅(ヴィッラ・ヴェネタVilla Veneta)の代表格のひとつであるVilla dei Vescoviがある。16世紀の建物で、パドヴァの著名な司教の通っていた邸宅であり、当時の有名な詩人や作家なども招かれていた豪華なヴィッラ。

この邸宅をとり囲むようにして広がるブドウ畑。

R0030294_convert_20120523171006.jpg

ポピーも咲いて、小麦畑も広がる、いい景色。

R0030280_convert_20120523170804.jpg



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. イベント、見本市
  2. | trackback:1
  3. | comment:0
<<地震 | top | アルティジャナーレの紙製品 Legatoria Piazzesi>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/582-7745b0e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ビーゴリ祭り Festa dei Bigoli】

大きな地震の被害があったり、大雨やら低温続きで冴えない天候が続くここ最近。あまり明るいニュースを耳にできずにいる。とはいうものの季節柄ということもあり、あちらこちらでサグラ(フェスタ)が開催されるようになってきた。ここはパドヴァの郊外にあるトッレーリア...
  1. 2012/05/23(Wed) 23:34:58 |
  2. まとめwoネタ速neo