パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ヴァカンツァ帰途でサン・ダニエーレ :: 2012/08/26(Sun)

クロアチアから戻る日。パドヴァまでそのまま帰るのもなんだか味気ない、ということで、トリエステまで入った後、ぐるりとまわってウーディネ方面へ。

目的地はハムで有名なサン・ダニエーレ。ハム昼食をしてパドヴァへ戻る計画。

…と軽く考えたはいいけれど道のりは長く、遊び疲れたのと朝早い出発だったためかびおらの調子はいまいちで何度も車を止めて小休憩をとる。

町に近づくにつれて幹線道路の周囲はハムの生産工場が並んで(8月だから皆お休み)、どんどん坂を上っていくとようやく街の中心に到着。

R0031482_convert_20120826155348.jpg

小さな町ながら予想していたよりも多くの観光客の姿があって(とは言ってもすくないが)、落ち着いたいい町の印象。

町の中心にある食料品店は、さすがにハム・サラミ類の種類を豊富に取りそろえており、地元のマルガ(山間部の放牧場)産のおもしろいチーズもずらり。パドヴァのチェントロで老舗でありながら惜しまれつつも閉店した老舗ガストロノミア(食料品店)とのつながりもある店主のおじさんの熱い語りを聞きながら、ハムとチーズをお土産に、町中を散策。

で、お目当ての昼食はチェントロから少し離れたレストランにて。

R0031481_convert_20120824135853.jpg

オーナーのおじさんはフリウリの食を語る語る…。ヴェネトの食習慣にちょっと似ているところがあって、ポレンタやらバッカラやら、そしてワインやハムに至るまで土地の食べ物自慢談義。

まずはサン・ダニエーレ産プロシュットと山のチーズモルラッコ。

R0031470_convert_20120824135642.jpg

プリモはプロシュットの詰め物をしたフンギのソースのトルテッリ。

R0031475_convert_20120824135806.jpg

びおらのリクエストはシンプル・スパゲティ・アル・ポモドーロ(個人的にはこの日はこれが一番美味しかった)と鶏のグリルのインサラータ添え。

R0031472_convert_20120824135711.jpg

R0031473_convert_20120824135735.jpg

クロアチアから戻って久し振りに食べたパスタ類。味がしっかりまとまっていて、なんとなくすごく落ち着いた。

食後にサービスされたミニりんごを漬けたグラッパ。冷たく冷やされていて暑~い昼下がりにぴったり。このままお昼寝タイムだったらどんなにいいことか…。
見た目はサクランボなのに、あくまでもリンゴだといいはるカメリエーレに疑問を抱きながらつまんでみたら味と食感は確かにりんごだった。

R0031479_convert_20120824135829.jpg

お昼を食べて3人とも元気いっぱいになって(食べる前まで無口、または喧嘩ごし、そして運転もぼろぼろ)家路につく。ロヴィーニョを朝8時半に出て家に着いたらちょうど夜の8時半だった。予想していた渋滞も国境付近で少しあっただけで終始スムーズだったけれど、長かった道のりも無事に終了して、今年のバカンスは(私の)これにて終了。

サン・ダニエーレの町とその周辺、お店の写真もなくしてしまったので、単なるお昼日記になっちゃいました…
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Italia他の町
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<かぼちゃのニョッキ グラツィエッラ風 | top | イストリア内陸の町 Pazin~Bale~Porec>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/602-ed2f7f48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)