パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



いちじくのクロスタータ :: 2012/08/28(Tue)

こちらもバッサーノのマンマ、グラツィエッラのレッスンでのメニュー。ドルチェは今、まさに旬のいちじくを使ったクロスタータ。

彼女の大きな家の庭先にはこれまた大きないちじくの木があって、実をしっかりとつけている。これを収穫に庭に降りていくところからドルチェの作業がスタート。

R0031485_convert_20120827190313.jpg

昨年のいちじくの季節に作ったという彼女のお手製、いちじくのマルメッラーラ(ジャム)を以前にいただいたことがあって、その時に話は聞いていたものの、木からもぎたてのいちじくの甘いこと!!!!ものすごい糖度のこのいちじく、このままつぶしただけでジャムと同様に使えるんじゃないかと思わせる代物。

R0031489_convert_20120827190339.jpg

生地をこねて型に敷きつめる。

中に入るのはいちじく、そしてイチジク。そう、いちじくだけ。

前日に用意しておりてくれたイチジクのフィリングは、皮をむいて茹でてつぶし、そこに砂糖を少し加えたもの。これだけ甘いから加えた砂糖はほんの少しだけ。

それをのばした生地の上におき、今採ってきたばかりのいちじくの実を半分に切ったものを乗せる。

R0031502_convert_20120827190403.jpg

そしてオーブンへ。

だんだんといい香りがしてきて40分ほどで焼き上がった。

この日のメニューはズッキーニの花のアジアーゴとクルミのオーブン焼き、かぼちゃのニョッキ、そしてサルデ・イン・サオル。

最後の締めはこのクロスタータで。

R0031524_convert_20120827190429.jpg

この日はミラノに住むグラツィエッラのお姉さんも食卓へ同席。初めはちょっと尻込みしていたらしいが、お別れのころには、もう涙を流さんばかりに(大げさ)別れを惜しんで賑やかで楽しい昼食となった。

R0031539_convert_20120827190501.jpg

いつも美味しいお料理と温かいもてなしをありがとう!!
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Corso di cucina/料理教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<チーズ熟成士 Antonio Carpenedo | top | かぼちゃのニョッキ グラツィエッラ風>>


comment

fichi

私もDoloの家でこの時期になるといちじくと生ハムを食べるのが好きでした。ヴェネトの(イタリア全土そうかな?)いちじくは格別に甘く、当時甘いものが苦手だった私は生ハムの塩気があるからこそ好んで食べていたことを覚えています。日本ではまず価格がねえ、いちじくも生ハムもDoloのようにはいきませんです。
  1. 2012/08/28(Tue) 13:54:02 |
  2. URL |
  3. Iwami #-
  4. [ 編集 ]

Re: fichi

Iwamiさま
こちらでもコメントありがとうございます。いちじくと生ハム…最高の組み合わせ。メロンよりも格段に好きです。ここら辺の丘陵地帯はあま~いイチジクが獲れます(他もそうかもしれませんが…)。
  1. 2012/08/29(Wed) 06:33:35 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/604-7581bea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)