パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



パドヴァのドットーレ :: 2012/09/27(Thu)

パドヴァは大学の街でもある。イタリアで2番目に古い大学とされており、最も古い大学であるボローニャから、教会の影響を逃れて自由な学問を求めて創設されたのがここ、パドヴァ大学。ヨーロッパでみても3番目に古い由緒ある大学。

Veneziani gran signori, padovani gran dottori, veronesi tutti matti e vicentini maganagatti

(ヴェネツィア人は偉大な貴族、パドヴァ人は偉大な博士(学士)、ヴェローナ人はみんな気違いでヴィチェンツァ人はネコを喰う)

と謳われるのは、ヴェネト内の各都市の気質を表したもの。ここら辺の人たちは皆このフレーズを知っている。

さて、グラン・ドットーレのいるパドヴァでは、街中を歩いていると大学の街らいい光景を見ることができる。

R0032158_convert_20120927163710.jpg

チェントロのメインストリート沿いにあるパラッツォ・ボー前には、年間を通して大学の卒業のセレモニー(…というとちょっと雰囲気が違うか…)が見られる。いわゆる、“風習”だ。

お決まりは、卒業生本人は、とんでもない格好に変装させられる。紙に大きく描かれた卒業者のイラストとその周りには本人の生い立ち、学生生活に関わるエピソードが面白可笑しく書かれている。もちろんこれらは本人が書いたものではなく、友人が書いたもので、本人は当日その場でそれを目にすることになる。

R0032155_convert_20120927163610.jpg

学内での教授人を前にしての卒業試験を終了してそれにパスすると外に出て友人、家族などのお祝いを受ける。このお祝いがこれ。

R0032153_convert_20120927163511.jpg

R0032154_convert_20120927163541.jpg

変装して、友人が用意した文章を読み上げる。横やりを入れられながら、時には小麦粉やら色のついた水やら卵やらがぶつけられたり…

道路を汚すことは違法になるので、用意周到にビニーツシートが敷かれている。

大学の壁にはこれらの大きなポスターが貼られるので、透明のボードも最近は用意された。壁が汚れないように。

R0032157_convert_20120927163639.jpg

大抵は下ネタのオンパレード。そしてお決まりの歌。
Dottore, Dottore, Dottore del bucco del cul Va fa’ in cul, va fa’ in cul…

最後がどう終わるのか今だに解らないので最後は…のままで。それで、あえて訳さないでおくことにします。

R0032150_convert_20120927163439.jpg


関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Padova/パドヴァ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<日本シードル協会設立説明会 | top | ヴェネツィアのセレクトショップ『Solo se…』>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/619-5ff41592
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)