パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ジュッジョラ祭り La festa della giuggiola di Arquà Petrarca :: 2012/10/15(Mon)

ジュッジョレはこの土地の産物で、アルクアはその産地で有名。なのだが、私の自宅も含め、ここら辺の家の庭にジュッジョレの木も多く、この時期ともなると、この季節の恵みがたわわに実る。生で食べるとリンゴのような甘酸っぱい、カリッとした食感のこれは、あっちからもこっちからものおすそわけで、我が家にも大きな袋にいっぱいあって、さて、どうしよか…という代物なのだが…。

パドヴァ南側の丘陵地帯の中腹にあるアルクアペトラルカ。詩人、フランチェスコ・ペトラルカの好んだ場所。
ここで毎年この季節に開催されるジュッジョレのお祭り。アルクアの有名な産物でもある。

この日は夕方に到着。いつもは静かなこの町にたくさんの人が集まっていた。日中には中世の時代の騎士などに扮した音楽隊などのイベントがあったようだが、それには間に合わず。

R0032689_convert_20121015121616.jpg

街の小路に立ち並ぶ露店はジュッジョレを含む秋の農産物を置く店があちこちに。さすがに、ジュッジョレを使った料理というものを出す店はないものの、秋の日曜日の散策にはいい。

R0032675_convert_20121015121400.jpg

R0032681_convert_20121015121428.jpg

R0032674_convert_20121015122656.jpg

ジュッジョレはいわゆるナツメの一種で中国などのアジア地域が原種ではあるが、ヴェネトでこの植物の歴史も古く、ローマ皇帝アウグストゥスの時代のものとされ、この地方の産物となっている。特にここ、アルクアはその土地の持つ気候・風土がこれの成育に適しているようで、この町のシンボル的なものにまでなっているもの。

R0032696_convert_20121015121747.jpg

ジュッジョレをアルコールと砂糖に漬けたリキュール、ブロード・ディ・ジュッジョレBrodo di giuggioleはこの小さな町の食料品店や飲食店には必ずや置いてあるものでもある。

R0032672_convert_20121015122759.jpg

こちらはヴェネトの農家の季節もの。ワイン製造の際のモストをトウモロコシのでんぷんでかためたものでスーゴリSugoliという。”スゴーイ”と訛って発音したりもする、初めて耳にするとへ??という代物。ブドウの絞り汁の甘さをそのままかためただけだが、ここら辺ではサグラやブドウの生産者の祭り、ヴェンデンミアに行くと頻繁に登場する。

R0032691_convert_20121015121657.jpg

毎年開かれる季節の産物をテーマにしたイベント。地元からたくさんの人が詰めかけて皆で季節を確かめあい、それを分かち合う。そんな意味合いを持つ秋のイベントのひとつ、サグラの光景がここにも見られる。

R0032670_convert_20121015121328.jpg

R0032685_convert_20121015121535.jpg



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. イベント、見本市
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ラディッキオ生産農家を訪ねる @ Bellia Claudio | top | リストランテ サン・ベネデット Ristorante Hosteria San Benedetto @ Montagnana>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/630-f7d74472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)