パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



トレネッテ・アル・ペストTrenette al pesto :: 2009/10/18(Sun)

ジェノヴァに行ったらペスト・ジェノヴェーゼを食べるのが笑っちゃうくらい単純だけど夢だったので、とりあえず素朴な地元料理の店をそぞろ歩きしながら探す。

そこで目にした“クチーナ・カザリンガCucina casalinga(ジェノヴァ家庭料理の店)”の看板。その名も『ダ・マリアda Maria』その指し示す方向に足を向けると、坂道の小さな路地に飾り気のないトラットリアを発見。なんとも私好みのする佇まいと、ギュウギュウに詰まれたバジリコの入った大きなビニール袋をいくつも抱えた業者さんが奥のキッチンに入っていくところを偶然目撃し、躊躇することなく入店。

店内は木のテーブルに紙のランチョンマット。テーブル間も狭いのでお隣さんも同席くらいの近さ。客層は学生からスーツをピシッと着たビジネスマン、そしておばあちゃんやら旅行客やらでほぼ満席。長居するような雰囲気ではないから、回転も良いだろうと推測するが、それらをさばくカメリエーレは無愛想ではあるが、ほどよく親切さも兼ねていて、私には心地よい感じ。

IMG_4664.jpg

IMG_4668.jpg

メニューは紙切れに手書きされたものがテーブル間を行き来する。

迷わずジェノベーゼを注文。
パスタはトレネッテtrenette。リグーリアの伝統的な平打ちパスタで、一般的にはリングイネとして通じているものだが、トレネッテはリングイネより厚くてこれにに太くてムッチリとしている。これ合わせるのはもちろん、ペスト・ジェノヴェーゼ。ここに少々のインゲンとジャガイモを茹でたものを合わせて、最も代表的なリグーリアの郷土料理のひとつとなる。『ダ・マリア』では、忠実にこの伝統料理が再現されている。

IMG_4673.jpg

セコンドにはポルペットーネとカルチョッフィの詰め物。ポルペットーネ(大きな肉団子)は煮込みを想像していたが、運ばれてきたのはフリッタータ風のもの。そしてその肉と同じものが詰められたカルチョッフィ料理の一皿。

IMG_4675.jpg

IMG_4682.jpg

決して特別の料理ではないけれど、普通の食事らしくてとても満足できた。そして、その満足度を満たすものの一因はその価格。2人でプリモ2皿、セコンド2皿、ドルチェ1皿、そして1/2リットルのワイン、水で22ユーロ。思わず聞き返したほど。

訪ジェノヴァされる方には、ぜひ一度足を運んでいただきたい、楽しい店。

IMG_4669.jpg

IMG_4688.jpg

駅まで向かう道すがら、バンカレッラ(露店)に並ぶモルタイオ(乳鉢)を見て、やっぱりジェノヴァだなぁ、とこれまた単純だが感動しながら帰途についた。

Trattoria da Maria
Vico Testadoro 14r, Genova
Tel; 010.581080

関連記事


テーマ:オランダなヒビ - ジャンル:海外情報

  1. 料理・素材
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
<<ジェノヴェーゼソースla salsa genovese | top | タスタサレエTastasaree>>


comment

ピエモンテもいいな・・・ペスト・ジェノベーゼは僕も大好物です!!生産者様の畑に押し入って、「新芽」だけ摘んでたら、「売り物がなくなるのでその辺で・・」言われて(笑)。。バカ野郎cuocoですね(^^!!
  1. 2009/10/18(Sun) 21:18:30 |
  2. URL |
  3. PRIMA #PW4pxj66
  4. [ 編集 ]

美味しそう!

美味しそう~!!!
ジェノヴァに行ったらやっぱりジェノベーゼ食べたいって思いますよねえ~♪

その量で22ユーロ?
ジェノヴァって物価が安いのですか?

  1. 2009/10/19(Mon) 14:20:46 |
  2. URL |
  3. satomi #tQ725RIE
  4. [ 編集 ]

primaさん
ジェノベーゼ、お店で出す試作をされているようですね!新鮮な香りが一番なのは、私も共感です。

satomiさん
そうなんですよ、単純に土地の名物は食べにゃね~。この店はほんとに安かった。美味しいと後でも思うものにはやはり価格もかなり影響しますね。イタリアでも北と南、とかでは物価の差がかなり大きいのですが、ジェノヴァは特に物価安でもないのですがね。
  1. 2009/10/21(Wed) 07:24:09 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/65-f8f71e7b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)