パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ピアッツォーラのアンティーク市  I Mercatini d’Antiquariato a Piazzola sul Brenta :: 2012/11/26(Mon)

毎月最終日曜日はヴェネトでも最大級と言われているピアッツォーラ・スル・ブレンタpiazzola sul Brenta。毎月第3日曜日のパドヴァのプラート・デッラ・ヴァッレのアンティーク市も大規模ではあるが、こちらはもう少し店数が多いかもしれない。

R0033709_convert_20121126185206.jpg

この土地の代名詞は、ヴィッラ・コンタリーニVilla Contarini。ヴェネトを代表するヴィッラ(貴族の邸宅)のひとつ。16世紀、ヴェネツィアの貴族、コンタリーニにより設計をアンドレア・パッラーディオAndrea Palladioに委ねられた、この当時のバロック様式の建物として世界的にもあまりにも有名なもの。
1268年にパドヴァの領主、ダ・カッラーラ家美しい庭園を持つ40ヘクタールの敷地はその当時の面影を残したまま整備されている。

R0033700_convert_20121126184924.jpg

R0033693_convert_20121126184735.jpg

“ブレンタ川の上の敷地”とも訳される、ピアッツォーラ・スル・ブレンタの地名の通り、ここはブレンタ川とその支流が流れる川の町。このヴィッラも水の流れを利用した造りとなっている。

R0033694_convert_20121126184810.jpg

さて、ここでは前述の通り、毎月最終日曜日に大きなアンティーク市が開催される。このヴィッラ前の広場を中心に多くの露店が軒を連ねる。

広場はヴィッラをバックに。

R0033703_convert_20121126185129.jpg

周辺道路も所狭しと…

R0033677_convert_20121126180724.jpg

アンティーク市は時間をたっぷりかけて見ていると面白いものが見つかったりすることもある。お目当てのものがあるときなどはなおさら。

一見、ガラクタのように見えるものの中にもよーく目を凝らすといいものが見つかる。かも…

R0033674_convert_20121126180425.jpg

置いてあるものはありとあらゆるもの。家具・調度品、調理器具、美術品、鉄や銅製の大物道具、暖房(暖炉)周辺器具、本、レコード(CDではなく)、布製品、自転車、裁縫道具関係、単なるがらくた…

R0033684_convert_20121126182112.jpg

R0033676_convert_20121126190035.jpg

R0033679_convert_20121126180848.jpg

R0033688_convert_20121126184053.jpg

R0033686_convert_20121126183415.jpg

これは60年代に使われていた郵便局の計り。

R0033683_convert_20121126181618.jpg

やはり目のいく調理器具類。アルミや銅製の菓子型や鍋、やかんなどが目につく。私も欲しいものがあったんだけれど、この日はお目にかかれず…

R0033690_convert_20121126184544.jpg

コーヒーメーカーの名入りカップ。面白いのが、地元のコーヒーメーカーが多いこと。いろいろ並ぶと可愛い。

R0033675_convert_20121126180550.jpg

土地がら、ムラーノのガラス製品も多い。

R0033691_convert_20121126190451.jpg

あー自分の家が大きかったらキッチンに置きたいな~、と妄想だけが膨らむこの木工用の作業台。

R0033719_convert_20121126185400.jpg

それにしても、ほんとに日が短くなってしまった。あっという間に夕暮れ…

R0033717_convert_20121126185255.jpg

R0033718_convert_20121126185324.jpg

でも、こんな季節も悪くない…

関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Veneto/ヴェネト州
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<週末に子供と。 | top | 生パスタの店 Pastificio Ovosforglia>>


comment

ついにいったのね~
私もこのアンティーク市大好きで前に行ったとき朝から閉店間ぎまわまで見て回ってました!
でも交通手段が、、、
  1. 2012/11/26(Mon) 20:58:49 |
  2. URL |
  3. vetrina #9qiLvG7I
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2012/11/27(Tue) 01:38:18 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

vetrinaちゃん、
パドヴァから車で30分もかからないの。車でお連れするわよ。今度パドヴァのも見に来てみてね。こっちも大きくて、おまけに交通手段に困りません。笑。
  1. 2012/11/27(Tue) 11:53:25 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

ciacolonaさん
あういう家具って場所もとって、結構効率の悪い(?)造りをしているので、あれをうまく使いこなすには、それなりの器とそれをうまく調和させるセンスも必要なんですよね…モダンとアンティークの調和する住まい…永遠のテーマなのです。
  1. 2012/11/27(Tue) 11:56:32 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/653-dcb28051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)