パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



パンの講習会 Lezione di panificazione :: 2013/02/19(Tue)

先日参加したパンの講習会。全4回シリーズのうちの一回のみ参加。

ピッツァ、フォカッチャ、パイ生地等々、様々な発酵生地をベースとしたものを紹介してくれたのは、いつもお世話になっているパドヴァ郊外にあるプリミ・エ・セコンディPrimi e Secondiで開催されたレッスン。講師は菓子及び発酵ものを紹介してくれる時には大人気のシェフ、クラウディオ・ヴェントゥリーニClaudio Venturini氏。

P1120581_convert_20130218224308.jpg

粉ものってハマるとハマるもので、私もこの冬はパンやらトルタやらビスコッッティやらなんやら…と粉とオーブンとは仲良しだった。発酵ものはうまくいくと非常に嬉しいので、またやったるぞぉ!!と意気込むと前のようにはいかなかったり...と。

ポイントを押さえると、こんな状態が安定化したりする。そして、これがまたハマる理由にもなる。

せっかくのいい機会だったのに、カメラを持っていなくて悔しかったのだが、この日の内容の一部。

改めて習うと自己流でやっていた考えが違っていたりして、目からウロコもたくさん。今まで一生懸命に気をつけていたことが、ポイントはここ、ではなくてあっち、だったりする。

P1120567_convert_20130218223804.jpg

P1120589_convert_20130218224150.jpg

P1120568_convert_20130218223829.jpg

P1120571_convert_20130218223926.jpg

P1120588_convert_20130218224104.jpg

ブリオッシュの形はイタリア版とフランス版。どっちがどっちだか解りますか?

この日の生地は同一だけれど、通常両者では、バターの使用量が完全に違う。そして巻いたときの処理が違う。よって、見た目も食感も違う。どっちが良いとかでなくて、国民的味の好みの違い。

521488_460502554003556_992499012_n.jpg

P1120587_convert_20130218224013.jpg

この後、自宅で少しづつ復習中。でも、いい生地作りにはいい機械も必要だ、と改めて思う。

欲しいなぁ... ... ...


関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Corso di cucina/料理教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<パドヴァのメルカート | top | ヴェネツィアのカーニヴァル2013>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/677-682ec39a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)