パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



骨つき豚バラのポレンタ煮込み :: 2013/03/24(Sun)

パドヴァ郊外のヴェネツィア人マンマ、ロッサーナ宅にてヴェネト料理レッスン。レッスン参加のお問い合わせが春の風とともにゆっくりとやってきました。

さて、この日のレッスン。メイン料理となるセコンドに、ロッサーナがお勧めしてくれたこの料理。「ポレンタをソースにするの、美味しいのよ!」と言われてメニューに組み入れてもらった。

主役の豚さんはこちら。

R0035680_convert_20130322203802.jpg

これを鍋で焼きつけてローズマリーやセージとともに煮込む。豚肉に火が入ったところで煮込み用にブロード投入。…と、このときに牛乳とポレンタを混ぜて一緒に。

R0035682_convert_20130322203835.jpg

へー、こんな風にポレンタを使うのか…。この後オーブンへ。

どんな仕上がりになるのかな~と思ったら、ポレンタが適度な濃度をもって豚肉に絡み合っていい感じのスーゴ(煮汁)になった。

R0035756_convert_20130322204442.jpg

この日はその他、参加者のMさんのご希望に応えてフォカッチャ作り。このフォカッチャの生地、とてもいい。

R0035694_convert_20130322203922.jpg

仕上げた生地を2つに分けて、ひとつはモッツァレッラとモンタショのビアンコ仕上げ。もう一方はナスとトマト、パルミジャーノをたっぷり載せて、メランザーネ・パルミジャーノ風。

R0035744_convert_20130322204244.jpg

R0035750_convert_20130322204417.jpg

そして、今シーズン最期となる、ラディツキオをつかって2タイプのサラダ仕立て。ひとつはお決まりとも言える相性抜群。ラディッキオとクルミ、グラーナの削ったものにバルサミコで、そしてもうひとつはミモザ風に。

R0035739_convert_20130322204210.jpg

R0035727_convert_20130322204120.jpg

そしてそしてフラン風。なんだかいつもと様子が違う雰囲気…添えたソースはヴェネトの山のチーズ、モンタジョ。

R0035745_convert_20130322204350.jpg

日曜だったこの日はもちろん偉大なアシスタント、だんな様のダニエーレ氏も同席。お花みたいなラディツキオを二人で抱えて熱々のところを披露する大サービス。

R0035716_convert_20130322204024.jpg

はい、ごちそうさま。


関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Corso di cucina/料理教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<オレンジのマルメッラータとクロスタータ | top | Hongkong>>


comment

この豚のポレンタソース簡単でおいしそう!
私もやってみまーす!
  1. 2013/03/24(Sun) 18:58:24 |
  2. URL |
  3. vetrina #qA2gv7H.
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

vetrinaちゃん、
やってみて~。手間要らずなのに御馳走っぽく仕上がるよ。おまけにポレンタの国の人だったらウケると思う。フライパンで肉とerbeとを焼きつけてから白ワインを加えて、ポレンタと牛乳、ブロードを混ぜて加えてからオーブンに入れてね。
  1. 2013/03/25(Mon) 01:27:38 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/682-17ca3c8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)