パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ピンツァ・クラッシカ Pinza classica :: 2013/03/29(Fri)

ヴェネトのドルチェにピンツァPinzaというものがある。

お菓子と言ってもお菓子屋さんにあるお菓子というよりは、パン屋さんやら総菜屋さんに置いてあるお菓子。
素朴な焼きっぱなしのドルチェで、ヴェネトの中でも地域によって、使われるメイン素材が変わったりもする。
パン、ポレンタ、イモなど…要はこれらの材料の残りの再利用菓子で、パンは残って乾燥してしまったもの、ポレンタもイモ類ももう調理してしまった残りを使う。これらに粉やら他素材を加えて卵でまとめてオーブンで焼き上げたものだ。

この日は恒例のバッサーノのマンマ、グラツィエッラのところでレッスンにあたり、同菓子をリクエストしてみた。彼女のお得意ピンツァは彼女のマンマ直伝のパタータ・アメリカーナ(いわゆるサツマイモ)を使うもので、これも美味しいのだが、この時期にこのイモを手に入れるのができないので、クラッシックスタイルのポレンタ使用したものをご披露いただいた。

通常、沸騰した湯と塩で仕上げるポレンタは牛乳と少し砂糖を加えて。

R0036037_convert_20130329135543.jpg

ここに、粉、干ぶどう、乾燥イチジク、松の実、オレンジピール、リンゴを加え、生地が冷めたら卵を加え混ぜ混ぜ。コニャックで風味づけも。

R0036045_convert_20130329135755.jpg

いちじくは彼女の庭の美味しいいちじくを乾燥させたもの。オレンジピールも彼女のお手製。美味しくなる予感と期待が大きく膨らむ…

R0036038_convert_20130329135625.jpg

R0036043_convert_20130329135726.jpg

ぼってり~と型に入れてオーブンへ。

R0036048_convert_20130329135821.jpg

オーブン菓子はできあがりがその匂いで感じる。ふわ~っと温かな焼きのいい香りがしてくると、そろそろかな、と何度もガラス越しに確認。

R0036056_convert_20130329135848.jpg

できあがり~。

R0036090_convert_20130329135917.jpg

厚みのある焼き上がりとその食感。素朴で美味しい、ヴェネトのお菓子。

R0036100_convert_20130329135944.jpg

ピンツァPinzaというが、ヴェネツィアではピンチャPinciaとか発音されるし、パンを使用するヴェネツィアにはトルタ・ニコロッタTorta Nicolottaと呼ばれ、同名の教会のお祭りで振舞われたことから今でもその名が残っていたりもする。

今回のようなポレンタのものをあえてクラッシカ(=クラッシック)と呼んだが、オラが村自慢のイタリア人(ではなくて、この場合は各地ヴェネト人)に避難を浴びそうであるが、まあ、一般的に言われているのはポレンタを使用するものなので、あえて、ここではこう呼ばせてもらうことに。

R0036041_convert_20130329135654.jpg

↑マンマ・グラツィエッラ。


関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Corso di cucina/料理教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<パスクア | top | ブルスカンドリ bruscandoli>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/686-8d7bde2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)