パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



リストランテ・アイ・ナヴィリ Ristorante ai Navigli :: 2013/04/20(Sat)

久し振りにレストラン情報。

パドヴァチェントロ、小さな運河リヴィエラ・ティーゾ沿いのポルティコの下が店の入口。ここは、魚料理専門で、メニューは100%魚料理。

R0037110_convert_20130420151622.jpg

訪れるお客さんは“魚”を食べにここにやってくる。

店内はそれほど広くはない空間を、2階に分けて空間を利用したモダンな面白い造り。2階に続く階段がすぐに目に入るがその階段の周囲の空間も使って、客席が配置されている。布張りされた椅子がとてもお洒落。

R0037074_convert_20130420150955.jpg

R0037098_convert_20130420151552.jpg

R0037083_convert_20130420151311.jpg

メニューを開くとしつこいようだが魚料理オンパレード。季節の魚を使ったメニューがずらり。どれもこれも美味しそうで…う~ん、迷う…

この日は家族3人でお出かけしてきたので、あれやこれやと各自の好みを言いながらようやくメニュー決定。

店で焼かれたパンがテーブルに運ばれ…

R0036992_convert_20130420150151.jpg

まず出されたのがエビとポルチーニのトルティーニ。ふんわり温かい。

R0036998_convert_20130420150440.jpg

前菜はホタテのグリーン・ペッパーのソース。マスタードが効いていて、これはとってもヒット!シェフの太鼓判メニューのひとつ。

R0037013_convert_20130420150634.jpg

茹でたイカとトマト。ペスト・ジェノヴェーゼを添えて。

R0037028_convert_20130420150657.jpg

びおらには特別メニュー。メニューにはないけど、ムールのスパゲティ。香り高し。

R0037044_convert_20130420150726.jpg

パッケリの魚介入りカルボナーラ。

R0037050_convert_20130420150830.jpg

そして、カチュッコ。その日の魚の入荷具合で内容は変わるが、この日は12種ぐらいの魚介がたっぷり。ピリリと少しだけトウガラシの辛みが効いている。季節のモエーケも入った超豪華版!!

R0037066_convert_20130420150900.jpg

ワインリストは白とプロセッコ、シャンパン、そして赤、と別れている。断然にスパークリングを頼む客が多そうだ。
私たちのチョイスは、ソアーヴェの名カンティーナ、ピエロパンのソアーヴェ・クラッシコ。

R0037003_convert_20130420150608.jpg

こちらがシェフのマッシモ氏と奥様のエレナさん。

R0037092_convert_20130420151526.jpg

夜のみ営業の同店だが、毎晩客足の絶えることがない。客層もよくてなかなかの店。

R0037070_convert_20130420150926.jpg

R0037090_convert_20130420151353.jpg

次回は絶対に、店でつくってるヴェネトのパスタビーゴリと、シェフ自信のお勧めのリゾットを食べてやるぞ、と意気込みを新たにした週末の夕食。

Ristorante ai navigli
Riviera Tiso 11, Padova
Tel;+39.049.8364060

関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. リストランテ・食べ物屋
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<古本とアンティークスタンプ市 in Via S.Francesco | top | ようやく…>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/693-e1ba8598
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)