パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



古本とアンティークスタンプ市 in Via S.Francesco :: 2013/04/21(Sun)

パドヴァのチェントロのなかでも個人的に好みの道、サン・フランチェスコ通り。ポルティコ(柱廊)のある風景はパドヴァならではだが、ここの通りは1400年代の古い美しいポルティコが現存する。丸くて太い柱が定間隔で26本並ぶ。柱の上部は美しいアーチ状で、このポルティコの下にある教会は当時は病院として建てられたもの。

R0037139_convert_20130421140950.jpg

この通り自体が街中でも歴史ある通りだが、ガリレオ・ガリレイがパドヴァにいた際に居住していた家やパドヴァの守護聖人の眠る聖アントニオ協会にも続く道。
そして、この通りをさらに進むと、ローマ時代にその原型をもつポンテ・コルヴォ門へと繋がっていることから、遠い昔はこの道はパドヴァの主要な通りのひとつであったことが窺えるものだ。

冬から春をとばして初夏に以降したような先週の気候からまた一転した昨日の土曜日。雨がぱらぱらと降り続く一日、このサン・フランチェスコ通りにて、古本市が開催されていた。

R0037125_convert_20130421140659.jpg

午後のお散歩がてらにびおらと訪問。

R0037120_convert_20130421140423.jpg

あいにくの雨で、各店舗ともすべてポルティコの下に店を広げ、雨対策にビニールを被せて開店中。

R0037129_convert_20130421140851.jpg

R0037122_convert_20130421140454.jpg

ヴェネト及びヴェネツィアの古い歴史書などが多く、その他あらゆる分野の本がずらりと並ぶ。古本といっても現代の要らなくなった本をたたき売りしているわけではないので、じっくりと並んでいる本を眺めながらゆっくりと歩く人々の姿。

R0037124_convert_20130421140619.jpg

R0037123_convert_20130421140544.jpg

R0037127_convert_20130421140821.jpg

R0037126_convert_20130421140746.jpg

料理雑誌としてよく知られるla cucina italianaの30年前のコピー。CucinaのUがVであった当時のものだ。

R0037116_convert_20130421140158.jpg

いろいろ見ていて見つけたのは、ヴェネト料理の料理本。ヴェネトの土地料理がアンティパストからドルチェまでもれなくしっかり入っている。特に土地の郷土料理を探すのに、本屋に並ぶ最近の本やらインターネットで探すレシピを見てもどれを自分のなかで基準にしたらいいのかなー、と常々思っていたところ。

中をじっくり見て、あった場所に置き、もう一度戻ってさらにじっくり見て値段交渉開始。24ユーロ(もちろん本の定価はリラ表示のみ)だったのが「18ユーロでいいかなー」という店主の声に財布を開いた。

R0037148_convert_20130421141102.jpg

びおらがチョイスした古本はシンデレラ。「いくら?」とおじさんに聞いたら50というので「へ?」と聞き返したら、「50centesimi(50セント)」。こちらはまさしく古本市らしい値段設定。
後からこの棚に近づいてきてきた、おそらく自分の子供を思いながら本を選んでいた女性、同じように値段を聞いて私と同じ返答をして思わず二人で大笑い。

行きも帰りも同じ場所で立ち止まり、何度も吟味していたびおらのために購入。

R0037117_convert_20130421140335.jpg

帰りに寄ったバールでお茶しながら開いてみたら、後ろのページに前持ち主のマンマ(…と想像する)が土地のワインを書き留めていたメモが。

R0037141_convert_20130421141025.jpg

どんなマンマだったのかなーと思いを馳せる雨の週末。

R0037133_convert_20130421140922.jpg


関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Padova/パドヴァ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<カルチョッフィのオイル漬け | top | リストランテ・アイ・ナヴィリ Ristorante ai Navigli>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/694-43ff2d26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)