パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



カルチョッフィのオイル漬け :: 2013/04/26(Fri)

縁あり、カルチョッフィを山ほど抱えて家に着いた。2週間ほど前の話。

カルチョッフィの里はローマ周辺、中部イタリアの先住民族であるエトルリア人の築いた土地でもある。

古代ローマ人の築いたとされる宿場跡。

R0036824_convert_20130426180603.jpg

小麦の畑の先には遺跡。

R0036837_convert_20130426180821.jpg

ここ20年ほどで随分と環境が変わってしまったとのことで、昔ながらの農家もだいぶ影を潜めてしまったらしい。
が、風にのって香ってくる先に歩くと、やっぱりいた!牛さん達。

R0036827_convert_20130426180720.jpg

豚も日向ぼっこ中。

R0036839_convert_20130426180931.jpg

農家の庭先には藤の花がもう満開。

R0036826_convert_20130426180630.jpg

…ということで、欲張り根性丸出しで大量のカルチョッフィを持参して帰宅し、やってみた。相当な量がこの瓶の中にギューと詰まっています。×4瓶仕込み完了。

R0037217_convert_20130426181032.jpg

あと、もうしばらくしたら開封できる。もうしばらくしないと食べごろにならない。

と、台所の食糧棚を開けては眺めている。うまく出来てるといいなぁ…

R0036841_convert_20130426181004.jpg

R0036831_convert_20130426180754.jpg



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<オリジナル皮製品の店 Raggio Veneziana @ Venezia | top | 古本とアンティークスタンプ市 in Via S.Francesco>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/695-db27297e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)