パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
マンマ・グラツィエッラの引き出しの中… :: 2013/05/10(Fri)

いつもお世話になっているバッサーノのマンマのお宅にて。いつ伺っても清潔感あふれる、整理整頓がしっかりなされている、綺麗なお家。

郊外のお家らしく造りが大きく、ゆったりとした空間は、一人で住むには…といろいろな現実問題を抱えながらも、訪ねる度に羨ましくなるような清閑さ。
羨ましがってばかりいては何にもならないので、自分の家でも見習え!!という感じだけれど、しつこくも、近所に住んでいてほしかった…「近くに引っ越してきて~!!」とジョーク半分、本気半分で会うたびに言い合っている。

この日のお料理は、もちろん季節のアスパラを使ったお料理なのだが、今日は彼女ご自慢のテーブルクロスに注目!!

食事の際にしみひとつない丁寧に手入れされた真白または白地に模様の入ったクロスをテーブルにかけてセットしてくれるのだが、この日クロスの入ったタンスの中を拝見。

アンティーク調のどっしりとした棚の引き出しの中にきれいにアイロンがけされたそれらが重なっている。引き出しは重くて、開けるたびに取っ手がひちぎれそうで、正直こわい。(以前に引っ張ったら取っ手が壊れた…あ、壊したのは私じゃないです…)

中から出てきたのは、彼女のマンマがつくったもの。買ったお皿などのサービスセットに合わせて作ったのだとか。そのお皿たちももちろん現在も使われている。

DSC_0010_convert_20130509200325.jpg

そしてこれは彼女のノンナ(おばあちゃん)作。これ、2.5mの長さのもので、もしこれを今買ったらいくらになるんだろう…

DSC_0011_convert_20130509200733.jpg

こちらは、彼女自身のもの。各コーナーに丁寧に手縫いされた刺繍と周囲をこれまた丁寧に手縫いでレースがついている。

DSC_0008_convert_20130509200145.jpg

DSC_0006_convert_20130509195513.jpg

小さい頃は皆、それぞれが刺繍道具を持ち、学校が終わると皆で集まって軒先でおしゃべりしながら刺繍するのが楽しかったのよ~、と少女時代を目をキラキラさせながら語る。素敵ね~。

大の裁縫嫌いな私には、とうていマネのできない仕事。もしその時代に生まれていたら、私もそんな女性になっていたのか…な?
いやいや、それはないような気がする。いや、もしかして…

この日のメニューはいつもお願する定番のうちから、

アスパラのバッサーノ風

DSC_0128_convert_20130509201756.jpg

仔牛とアスパラのインヴォルティーニ

DSC_0146_convert_20130509202042.jpg

ズッキーニとカルレッティのクレスペッレ(クレープ)のラザーニア

DSC_0138_convert_20130509201918.jpg

春の野草は道端にたくさん生えていて、一緒に車で道を走るとあちこちでとまってブルスカンドリやらタラッソ(タンポポ)やらカモミッラやら…と次々採る。

この日に使ったのは、カルレッティCarletti。

DSC_0084_convert_20130509201049.jpg

グラツィエッラはタリアテッレ・ディ・マドンナTagliatelle di Madonnaと呼ぶ。日本語だと、シラタマソウという野草の一種らしい。
よくリゾットやパスタ、そしてフリッタータ(オムレツ)に使う、春の野草。ここら辺では珍しいものではない。

これらをズッキーニと一緒に炒め合わせて緑たっぷりの春のラザーニアに。

DSC_0081_convert_20130509200929.jpg

DSC_0091_convert_20130509201159.jpg

そして、りんごのトルタ。

DSC_0109_convert_20130509201311.jpg

優しいマンマの味。

関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Corso di cucina/料理教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<バドエーラ産アスパラの収穫祭 Mostra del'Asparago di Badoera | top | アスパラジ・ビアンキ・ディ・バッサーノD.O.P/ Asparagi Bianchi di Bassano D.O.P>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/700-c162c2e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。