パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



バドエーラ産アスパラの収穫祭 Mostra del'Asparago di Badoera :: 2013/05/11(Sat)

アスパラの季節なので、しつこくアスパラ情報続く…

バッサーノの白アスパラの感動を残しつつ、少し南下して、ここはトレヴィーゾ県バドエーラ地区。同地区もアスパラの産地として有名で、バッサーノは白アスパラのみの栽培だが、ここは白もグリーンもある。

バドエーラの中心の広場は見ポルティチ(柱廊)に囲まれた楕円形の見事な広場が有名。ここでは町の様々なイベントやら、アンティーク市がたったりする場所でもある。

DSC_0237_convert_20130510133916.jpg

毎年5月初旬の週末となると、アスパラ祭りが開催され、多くの人が足を運ぶ。
中心となる広場には、ポルティチ下にはアスパラの品評会。生産者がそれぞれに持ち寄った選りすぐりのアスパラを出品する。

DSC_0176_convert_20130510004146.jpg

DSC_0183_convert_20130510004327.jpg

そして、表彰式。どの生産者が賞を獲得したのかまでは見届けてはいないが、スクッとたったアスパラの並ぶ姿はなかなか見応えがある。

DSC_0196_convert_20130510004850.jpg

もちろん直売所もあり、

DSC_0198_convert_20130510005021.jpg

DSC_0201_convert_20130510005101.jpg

地元の産物を中心とした露店も出店している。

チーズの即売所はパルミジャーノが破格値にてサービスされているとあり、人だかり。

DSC_0192_convert_20130510004550.jpg

DSC_0193_convert_20130510004756.jpg

ワインは、アスパラといえば、ヴェスパイオーロVespaioloでしょう…この瓶はスプマンテタイプ。フェルモといって、泡のないタイプもある。甘くて爽やかなワイン。

DSC_0190_convert_20130510004510.jpg

この太いサラミはヴェネト特産のソプレッサ。

DSC_0188_convert_20130510004403.jpg

そして、この広場にて軽く昼食を…と思っていたのに、あるはずの仮設テントのレストランが…ない…と諦めかけていたら、広場の奥に続く小路を歩いた先だということで、急いでその先に向かう。

急いだのは、もちろんお昼どきだったから。こういう祭りの場合には、もちろん皆の目当ては一緒だから、昼時のテントは人だかりだろう、と想像した通りに、すごい人と熱気。

DSC_0212_convert_20130510011209.jpg

席をようやく確保して、チケットを買うのにも長蛇の列。

DSC_0206_convert_20130510005155.jpg

それでもようやく注文をして席に戻って周囲を見たら、ほとんど誰もまだ料理を食べていない。1時間はかかるね~なんて予想していたら、やはり予想通りに1時間ちょっとしてからようやく料理が運ばれてきた。

DSC_0215_convert_20130510132055.jpg

頼んだのは、やはりアスパラづくし。

アスパラのクレープ

DSC_0221_convert_20130510133635.jpg

アスパラのフォンドゥータ

DSC_0225_convert_20130510133755.jpg

そして、グリルのグリーンアスパラ

DSC_0227_convert_20130510133849.jpg

他にも各アスパラ産地ではお祭りが毎週のようにどこかで開催されているのです。



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. イベント、見本市
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ソアーヴェの名カンティーナ ピエロパン/Azienda Vitivinicola Leonido Pieropan | top | マンマ・グラツィエッラの引き出しの中…>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/701-9a32d80a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)