パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
ヴェネツィア、サンテラズモ島のカルチョツフィ祭り/Festa del Carciofo Violettodi Sant’Erasmo :: 2013/05/17(Fri)

ヴェネツィアの春の味覚といったら、サンテラズモ島で採れる小さなカルチョフィ、カストラウーレCastraure。これがメルカートに並ぶともう春真っ盛り、ということになる。

カストラウーレはカルチョフィの蕾が大きく成長する前に刈り取るもの。カルチョフィの品種からいうと、紫カルチョフィ(カルチョフォ・ヴィオレットCarciofo Violetto)。ここでいうカストラウーレとは、ヴェネツィア特融のもので、イタリア語のカストラートcastrato=去勢した、ということから来るものであることからも、この状態が想像できる。
カルチョフィの一番つぼみ、いわゆる先端を大きくなる前に収穫する。大きさはだいたい直径3-4cm、高さが7-8cmといったところか。

DSC_0962_convert_20130517133317.jpg

DSC_0963_convert_20130517133345.jpg

この特殊な野菜を生産するのは、ヴェネツィア、ラグーナに浮かぶ少数の島。そのなかでもサンテラズモ島というのが特に伝統的にカステラウーレの生産地として有名。有名、とはいっても広範に渡って出回るようなものではなく、農家の規模的にいっても、ヴェネツィアを中心にヴェネト内でも一部で出廻るくらいのものだ。

イタリアのカルチョフィの生産地でも北端となるであろうここラグーナに旬が訪れるのは5-6月。そして、毎年5月の第1または第2日曜日にはここでサグラ(収穫祭)が開催される。

今年のサグラは第2週である5月12日の日曜日。
ヴェネツィア本島からヴァポレット(乗合蒸気船)に乗ってサンテラズモ島へ。

まー、ここはのどかな緑いっぱいの島。降り場から100%すべての乗客が同じ方向をのんびりと歩いて行く。もちろん道は一本道。

周囲はぶどうの畑や、野菜畑が広がるなか、やはりここはラグーナの一画…

DSC_0914_convert_20130517132752.jpg

DSC_0908_convert_20130517132640.jpg

DSC_0976_convert_20130517133515.jpg

カルチョツフィもあちこちでぐんぐん伸びている。

DSC_0913_convert_20130517132707.jpg

ようやく会場へ。カステラウーレの販売テントがすぐに目に入る。形の揃って新鮮なものが並ぶ。

DSC_0917_convert_20130517132819.jpg

DSC_0919_convert_20130517132934.jpg

先述のように、一番つぼみを特にカストラウーレというが、その脇芽でカストラウーレと呼ばれるものよりも少し大きめのものはボトーイbotoiと呼ばれてそれはそれで仕分けされている。こちらのほうは、ひとつの苗に20個ぐらいが収穫されるとのこと。ボトエットbotoettoと地元の人たちは呼ぶ。

カストラウーレが0.8ユーロ/個に対してこちらのボトーイが0.6ユーロ/個。違いはあるが、私はその2つの違いの存在を知らなかったので、どちらも同じように好んで頂いた。

DSC_0918_convert_20130517132908.jpg

カストラウーレは若い蕾なので、その特徴はまず柔らかいこと。中心の部分は特に柔らかく、スライスして生食するのが良い。他品種のカルチョフィの新鮮な生も美味しいが、この若カルチョフィの生は格別に美味い。他、通常のカルチョツフィと同様に様々な料理に使えるのは当然。(我が家は生食、丸ごと煮て、そしてリゾットにて食した。)

この日の会場の仮設テントは恐ろしいほどの長蛇の列。私たちはもう少し先の浜辺のバールに腰を落ち着けて旬の味をいただく。こちらも相当待ったけれど…

DSC_0928_convert_20130517133102.jpg

これは茹でてオイル漬けにしたもの。柔らかくて美味い!!すごくデリケート。

DSC_0944_convert_20130517133157.jpg

同じテーブルに座った地元のおじさんとおばさん達。もちろん毎年の常連さん。

DSC_0956_convert_20130517133220.jpg

いいお天気で砂浜はすでに夏。

DSC_0936_convert_20130517133131.jpg

びおらはちょうどいい年頃のお友達を発見。人のおもちゃをまるで自分のもののように使う…

DSC_0958_convert_20130517133249.jpg

会場では他に地元産の野菜販売やらワイン、ハチミツ等々の販売店も。

DSC_0923_convert_20130517133011.jpg

天気に恵まれた日曜日、のんびり島歩きにはぴったりの一日だった。

DSC_0924_convert_20130517133034.jpg

DSC_0971_convert_20130517133416.jpg


関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Venezia/ヴェネツィア
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ローゾレ/rosole | top | モランディ・オリアーノチーズ製造所/Caseificip Morandi Oriano>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/705-3152e887
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。