パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



チョコランド・ヴィCioccolando Vi :: 2009/10/25(Sun)

IMG_4986.jpg

今週末はヴィチェンツァのチェントロ内でチョコレートのフェスタが開かれている。

ヴィチェンツァはパドヴァから西30kmほどの町でほどよく小じんまりとしたチェントロは、品のよい北イタリアの町らしい美しい町並みが見られる。その美しい町並みには、ヴィチェンツァを代表する建築家アンドレア・パッラーディオandrea Palladioの残した建物が町の至るところにあることも大きく影響する。1508年にパドヴァにて生まれ、16歳のときにヴィチェンツァに移り、その後数々の業績を残している。
シンメトリに正面に何本もの太い印象的な柱を置くのが彼の作品の代表的な様式。アメリカのホワイトハウスなどが彼の様式をモチーフにしたことで有名。

IMG_4994.jpg

ヴィチェンツァのチェントロには23の彼の手がけた建造物が点在、ヴィチェンツァ郊外には16のヴィッラ(貴族の別荘、屋敷)が残されている。彼の残した貴重な建造物を含め、ヴィチェンツァのチェントロ・ストーリコはそれ全体が世界遺産に指定されているもの。町自体が大変に見応えのある、美しい町だ。

さて、このヴィチェンツァの街中のピアッツァ中、たくさんのチョコレート屋、パスティッチェリアが露店を出している。形も様々、色も様々なそれら。チョコレート好きなイタリア人にはなんともいえない楽しいイベントだ。この週末は気温も上がり、チョコレートも日にあたって風味が変るのではと心配したり、この季節には体を温める意も含めて大人気のチョコレート・カルダ(ホットチョコレート)もあまり欲しないので、ちょっと拍子抜けもしながら、それぞれの露店の中を覗きながらゆったりと歩くのはとても楽しい。

IMG_4990.jpg

IMG_4984.jpg


関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. イベント、見本市
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
<<サグラ・デル・フォルポSagra del folpo | top | キオッジャの魚市場>>


comment

チョコでふと思ったのですが、イタリアでは「バレンタイン」ってどんな日なのですか?チョコをあげる習慣は日本だけってうわさは聞いたことあるんだけど・・・(-。-?
  1. 2009/10/26(Mon) 00:06:57 |
  2. URL |
  3. PRIMA #PW4pxj66
  4. [ 編集 ]

primaさん
バレンタインは女性からチョコレートを贈る習慣はなく、男性からプレゼントやら花やらが贈られるほうが普通。聖ヴァレンティーノ、愛の神様の日なのでね。
  1. 2009/10/26(Mon) 16:23:37 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

お邪魔します。
ヴィチェンツァの町、大好きです。アンドレーア・パッラーディオの
建物も沢山見ました。彼が生まれたパードヴァのRogati通りも
歩いてみました。ヴェローナ、ヴィチェンツァ、パードヴァ、
ヴェネツィアとこの路線には感動があります。
ヴィチェンツァの事を思い出させて頂きました。有難うございました。
  1. 2009/10/26(Mon) 16:45:21 |
  2. URL |
  3. ペッシェクルード #/plE8HKU
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/71-f5f05e22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)