パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ラディッキオ組合の生産者会議 :: 2013/06/10(Mon)

日曜に開催されたラデッキオの生産者会議。トレヴィーゾ、ヴェネツィアの境目をまたがって生産されるヴェネトを代表する野菜、ラディツキオ。組合としてはストラーダ・デル・ラディツキオロッソ・ディ・トレヴィーゾ・エ・ヴァリエガート・ディ・カステルフランコStrada del Radicchio Rosso di Treviso e Variegato di Casterfrancoという。トレヴィーゾ産赤ラディツキオと変形種カステルフランコ種の道、という名がついている。

DSC_0286_convert_20130610132150.jpg

組合本部のあるゼロブランコにて生産各位と関係者を招いての定例総会で、2時間ほどの内容として2012年度の生産状況と2013年度の生産計画などに関わる話。原産地呼称をつけるための新年度への登録状況、組合としての活動状況の報告などがそのテーマ。

各生産者代表がその会議をしている間、家族及び関係各位は用意されたバスに乗って近くの彫刻家の博物館、Museo Toni bennetonの見学。
故人となったToni Bennetonの息子さんであるジョヴァンニさんの詳細な解説をもとに、ひとつひとつの作品を皆で見て回る。

DSC_0279_convert_20130610132049.jpg

鉄を主体にした大型作品が屋敷地内に所々ある。ただの鉄の塊ではない、芸術。詳しくはこちら、過去投稿より。

DSC_0274_convert_20130610132000.jpg

お昼に元の場所に戻り、皆でお昼タイム。

この地で店を構える代表レストラン4店によるブッフェが並び、お腹を空かせた人々がざざざーっと集結。美味しそうな料理が並んでいたが、写真、撮るのをすっかり忘れた…

DSC_0307_convert_20130610132331.jpg

びおらちゃんもすっかり御馳走になりました。

DSC_0287_convert_20130610132226.jpg

最期に出された白アスパラのリゾット。できあがりはあっという間の人だかり…

DSC_0300_convert_20130610132255.jpg

DSC_0309_convert_20130610132427.jpg

楽しく過ごした数時間。食事の後はこれからが長い談話タイム。

DSC_0360_convert_20130610132601.jpg

それにしても今年の春先は雨ばかりのへんな天気が続き、春の野菜とそれからの野菜の生育が非常に問題になっているけれど、来年のラディツキオにどう影響をするのか、ここ数日から季節らしい天気となってきて、畑も準備態勢に入りつつある。貴重な産物であるゆえに、同行が気になるところだ。

先日訪れた畑では、土おこしがまだ手をつけられない状況。シーズンが終わったアスパラの畑も、もう手入れを終えているはずがまだまだこれから。来期を待つ根が悪くならなければ…との心配もある。

アスパラの林。シーズンが終わると一度上部を刈って、来年用に保管する。刈った後、1週間でこんな状態になり、来年の春を待つ。

DSC_0190_convert_20130610131907.jpg

本日の会に力を貸した関係各位。

DSC_0335_convert_20130610132507.jpg



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Produttore/生産者
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<サントの日とメルカート | top | アマルフィの青い海と大きなレモン>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/713-0371d66a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)