パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



晩夏のアニヴェルサーリオ :: 2013/09/08(Sun)

朝晩がすっかり涼しくなった今日このごろ。すっかり夕暮れの時間も早くなってきて、また季節が変わってきたのを感じる。

そんな夜のお呼ばれ先は、パドヴァ郊外にてケータリングサービスを経営しているMAPPという会社の50周年記念パーティ。

DSC_0808_convert_20130908145634.jpg

DSC_0824_convert_20130908145924.jpg

ここのケータリングは各界様々な場面にてのサービスにて、ヴェネトのみでなく、遠くからもサービスの依頼を受けるケータリング会社としてはかなり有力・優良な企業。

お呼ばれしている面々も、日常のテレビのニュースにお馴染みの顔がちらほら…あ、芸能人系ではなく、政治系です。

50年の歴史を振り返る社長とその横にご婦人。

DSC_0817_convert_20130908145709.jpg

DSC_0823_convert_20130908145847.jpg

パドヴァのホテルレストラン学校、アバノテルメにある学校の学生への奨学金制度も設けているとかで、表彰式なるものがあったりもする。

この日のお料理はこういうパーティではほぼ用いられるアンティパストは各自ブッフェにて。会場に入ると目の前の大きなテーブルは料理で埋め尽くされていて、それがまた豪華!!アンティパストとは思えない豪華ぶりにお腹を空かせて到着した私たちはここでかなり加速してしまった…

写真ボケボケなり。このテーブルはヴェネト料理のテーブル。おなじみの土地料理、そしてパスタ・エ・ファジョーリ。

DSC_0787_convert_20130908145356.jpg

DSC_0790_convert_20130908145511.jpg

着席するテーブルがあるとは知らずに、ここだけで盛り上がっていたのに、席に通され、それならば、と着席。

セロリがたっぷり効いた野菜のリゾット。これは参加者にすごく大好評だった。

DSC_0832_convert_20130908145957.jpg

そのあと、仔牛のロースト。今年の初もの、ラデッキオが添えられてきた。

DSC_0839_convert_20130908150035.jpg

会はさらに盛り上がり、中央の大テーブルはドルチェがずらり…

もう写真を撮る気分さえ失ってしまって、もうたくさん…と思いながらもいくつかを試して、この日のお夕食終了。

DSC_0821_convert_20130908145804.jpg

あー、あと夏休み数日残すのみ!!

DSC_0800_convert_20130908145555.jpg


関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 日常
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<白とうもろこし マイス・ビアンコペルラ | top | バーカロ・フェッロのチケティレッスン>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/724-bf360f02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)