パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
主のいないオステリア L'Osteria Senz’Oste(オステリア・センツォステ) :: 2013/11/24(Sun)

ここは、ヴェネトを代表する発砲の白ワイン、プロセッコの産地、ヴァルドッビアーデネValdobbiadene。
プロセッコにもぶどうの収穫場所により、その格付けも変わるものだが、そのなかでも特に高品質として注目されるごく一部の地域がある。それがカルティッツェCartizzeと呼ばれる地域でヴァルドッビアーデネのなかでも高い位置にある場所。

ここにほぼ口コミにて、この土地に知る人ぞ知るオステリアがある。『オステリア・センツァ・オステ/L'Osteria Senz’Oste』(発音的にはロステリア・センツォステ)。『主のいないオステリア』という意味。

しかしながら、運よく事前にたまたま連絡のついた主(つまりは勿論主は存在する)は同店(店と言っていいのか…いいんだよね…)を『オステリア・ケ・ノンチェOsteria che non C’è(存在しないオステリア)』と呼んでいる。

住所もあるようでないような住所にて、まさしくプロセッコの産地であるコネリアーノとヴェルドッビアーデネのぶどう畑の広がるなかに存在する。

DSC_0135_convert_20131124174346.jpg

くねくね道を上がって砂利道の小路を少し行くところで車は乗り捨てる。

DSC_0147_convert_20131124174602.jpg

ここから徒歩にて少しだけ高い場所にいったところに、噂のオステリアが存在。

DSC_0108_convert_20131124173943.jpg

DSC_0104_convert_20131124173850.jpg

オステリアの仕組みは簡単。誰もいないので、誰もが主になって振る舞うことができる。この日は別のグループがもう店の主になっていた。建築を勉強している大学生たち。

DSC_0113_convert_20131124174042.jpg

小屋のなかには冷蔵庫の中に入っているプロセッコ、地元のサラミやフォルマッジョなどが置いてあって、各自好きなものを取り、自分で切り分けて自分でプロセッコの栓を開けて、つまり自分たちで好きにするのが、ここのスタイル。

DSC_0127_convert_20131124174300.jpg

お会計は入口近くにある箱に自主申請方式により、お金を置いていく。もちろん、いくら払ったかのチェックなど、ない。

ちゃっかり…ではなく、しっかりしてあるところには、小屋のなかに置いてある食べ物は衛生的な問題(実際にコントロールなどの問題が大きいだろうが)にもより、全て包装がしてあるもので、そこにそれに相当する値段が記してあるので、各自合計して支払うシステム。

DSC_0115_convert_20131124174139.jpg

この日は実は本来はいないはずの主からのサプライズ!!
なんとなんと冷蔵庫を開けたら、プロセッコのプレゼント。約束通りに暖炉に火も入っていて、雨続きの合間のつかの間の好天に合わせて、なんとも嬉しい訪問となった。

DSC_0122_convert_20131124174218.jpg

オステリアから見下ろすカルティッツェの紅葉しているぶどう畑。うつくしや…

DSC_0141_convert_20131124174424.jpg

このオステリア、朝から晩まで戸口は開いていて、平日だったにも関わらず、次から次へと訪問者が。週末、特にいい季節には、人だかりになってしまうらしい。

DSC_0144_convert_20131124174459.jpg

個人的にはそうなってほしくないけれど、こういう面白さがウケるんだろうな。

このオステリア訪問には午前中にはプロセッコのワイナリーも訪問。プロセッコづくしのお天気に恵まれた晩秋のよき一日。

DSC_0079_convert_20131124165620.jpg



※お知らせ

旬を迎えるトレヴィーゾのラディッキオの収穫祭と生産者を巡る特別ツアーを企画しています。2014年1月・2月催行予定。
少々マニアックではありますが、内容超充実にて!! ご案内はこちら↓

『トレヴィーゾでラディッキオの収穫祭と生産者訪問~食べて・飲んで・アグリに泊まる~』

ご興味のある方はぜひ直接ご連絡ください。


関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Veneto/ヴェネト州
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<平日のチェントロ 模様替え | top | ラディッキオの収穫祭>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/743-3c9468ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。