パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ストゥルッフォリStruffoli :: 2013/12/30(Mon)

ナポリのクリスマスの食卓に、欠かせないドルチェがこのストゥルッフォリ。起源はギリシャにあるが、ナポリのあるカンパーニャ州の他にも、南伊を中心に名を変えながらもいくつかの州にまたがって知られているお菓子だ。

ニョケッティ(ニョッキの小さいもの)のように切った生地を油で揚げて、ハチミツを絡める。

今年のクリスマスはトリノで過ごしたものの、料理上手の義母の得意とするレパートリーのひとつ。

高齢のために身体が言うことを利かなくなり、今年のナターレには、彼女の腕の見せ所は残念ながらゼロ。今年の…とは言っても、もう来年以降ももう無理なんだろうなぁ、などと寂しい感を抱きつつ、ナターレに向けてこの名物菓子をつくった。

粉に卵と砂糖、リモンチェッロを混ぜた生地を端から切り分けて手の平で長く細くのばす。これを端から小さく切っていく。

DSC_0428_convert_20131230233237.jpg

そして、たっぷりの油で揚げる。

DSC_0447_convert_20131230233303.jpg

この小さなコロコロした生地は、義母のつくるそれは全てが見事に均一になる。ゆっくりゆっくりの作業なのに、きっちりと仕上がるマンマの技。

油で揚げられた生地はそれだけでもかなり美味しい。周りがカリッと中がさっくり。

鍋にハチミツと水を合わせて火にかけ、湧いてきたら火を止めて揚げた生地を一気にからめる。
ここにカラフルな砂糖の粒(なんと言うんだっけ…)を上にふりかける。個人的にはこれはなくてもいいんじゃないか、と思うけれど、これがなくてはいけないもの。

たっぷり食事をした後に、おもむろにこのハチミツたっぷりの粒粒がテーブルに乗せられる。
甘いもの大好き!というわけではない私は、お腹がいっぱいのこんな時にそれほど欲するものとまでいかないのだけれど、気づくと端からちょこちょことつまんでいたりする、ある意味危険なもの。

DSC_0460_convert_20131230233326.jpg

義母のまだ元気なうちに、ナポリ菓子、教わっておかなくっちゃ…



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Dolce/ドルチェ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<Buon Anno 2014!! | top | 2013年のナターレ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/751-df02240f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)