パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
サンマリノ共和国とアレンゴの記念日 :: 2014/03/27(Thu)

世界で5番目、そして最古の共和国である、サンマリノ共和国。

国土は60㎢ほど、人口は30,000人の小さな国。イタリア半島の中部、アドリア海側にある小さな小さなこの土地に、所用あり、訪れることになった。

今回の訪サンマリノは2回目。一度はすごい大雪の日に行ったがために、何も観ることもなく帰ってきた記憶があるが、この日は土地の人の道案内にて、さらに運よくお天気にも恵まれた。

DSC_0011_convert_20140327205528.jpg

DSC_0018_convert_20140327205620.jpg

DSC_0021_convert_20140327211633.jpg

DSC_0020_convert_20140327211613.jpg

サンマリノの原住民はアドリア海対岸のダルマシア(現クロアチア)からのローマ・カトリックの迫害からの逃亡者。聖マリーノであり、国名となるベースでもある。

たまたまこの日は、3月25日でサンマリノにとっては、お祝いの日。アレンゴの記念日といって、直接民主制度の祝日。アレンゴという、サンマリノ独特の呼び名で、10世紀も前から受け継がれる直接民主主義制度の生まれた祝日だ。

DSC_0009_convert_20140327205508.jpg

街の中心であるリベルタ広場前には、正装した軍隊によるセレモニー。そして高い位置にあるロッカからはセレモニーの始まりと終わりに大砲が放たれる。

3種に装束された軍隊は、庶民、貴族、国家に分けられたものだ、と聞いた。

DSC_0006_convert_20140327205442.jpg

小さなこの小国家、非常に興味深い。

まずは、国内を分ける行政区域。イタリアでは、プロヴィンチャやコムーネと言われるのが、ここではカステッロ(城)と言われる。

いわゆる旧市街地的な場所は、サンマリノ(チッタ・ディ・サンマリノ)と呼ばれていて、周囲を壁に囲まれる。内部は小さな坂道。平地となる部分は非常に少なく、さらには標高800mくらいなので、(イタリア)平野部とは気温差が5度くらいあったりもする。

DSC_0013_convert_20140327205601.jpg

国内はもちろんイタリア語が公用語だし、有効通過はユーロ。とはいうもののEUに正式加盟しておらず、サンマリーノ独自のパスポートを保有して、他国へ出るのだという。
普通に車でふらり~と入ってこられるのに、なんだか変な感じ。

もちろんイタリアの領事館も国内に存在する。車のナンバーももちろんサンマリノ。サンマリノから出る車は、RSMと書かれたステッカーを見える場所に貼る必要がある。

ちなみに車のナンバープレートはこんな風。

DSC_0036_convert_20140327214055.jpg

サンマリノの国のカラーである白×アズッロ(水色)仕様。なんでも、これだとイタリアの公用道路に点在して仕掛けられている、速度違反をチェックするカメラにひっかからないとか…

郵便ポストも同様に…

DSC_0024_convert_20140327211653.jpg

と、いろいろと面白い場所である。が、お料理などは、完全にロナーニャ風。ピアディーナなどなど。

DSC_0043_convert_20140327214134.jpg

サンマリノの頂上にそびえたつ、2つのロッカ(崖の上に建つお城)。

DSC_0029_convert_20140327211830.jpg

この2つのロッカを結ぶ崖の上には細い通路が造られているが、これは、パッソ・デッラ・ストレーガ(魔女の通り路)と言われ、その昔、ここで魔女裁判がなされたのだとか。この崖の上から魔女と疑われる人物をつき落とし、飛んだら魔女、そうでなければ………

DSC_0030_convert_20140327211853.jpg

ぎゃー、こわい!! …今となっては素敵な見晴らし。

DSC_0027_convert_20140327211741_201403272157443c8.jpg

ロッカを結ぶ城壁上部にある突起部分。平らなものは反教皇、尖がった三角のものは教皇派、を印すとされているが、サンマリノの城壁はこの両方が存在する。なんでもパパ(教皇)が通った際に急いでつけたものとか。三角型の城壁に近づくと、その突起部分の装着部分だけが色が違っていたりする。

DSC_0033_convert_20140327214030.jpg

DSC_0044_convert_20140327214209.jpg

サンマリーノの国の人々のことは、サンマリネーゼと言う。静かで治安よく、とっても住みやすい。ここで生まれて育ったら、他国への移住など、考えられない、そうだ(サンマリネーゼ談)。

DSC_0048_convert_20140327214237.jpg



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Italia他の町
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ヴェネツィアの畑 サンテラズモ島 Isola di Sant’Erasmo | top | チーズのお祭り『フォルマッジョ・イン・ヴィッラ Formaggioin Villa』 >>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/767-0bda2261
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。