パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



オステリア・ダ・バッコOsteria da Bacco :: 2009/11/03(Tue)

久しぶりのヴェネツィア、バーカロ巡り。
親娘ともどもお互いにお世話になったり、お世話したり(?)しあっている上階に住むヴェネツィアーノの勧めに従い、やっぱりバーカロがたくさん寄せ集まっているカンナレッジョ、カステッロ地区、まずはサンマルコ広場裏側にあるカンポ・サン・フィリッポ・ジャコモ界隈へ。

私はヴェネツィア住まいではないので、それほど詳しくはないにしろ、バーカロのスタイルはとっても好き。知り合いのヴェネツィアーニにバーカロの話をすると、結構な確立で“バーカロ”よりも“チケッテリア”の呼び方を好む。バンコ(カウンター)に置かれたつまみ、チケッティから来る言葉なので、この業態の呼び名としては、“チケッテリア”のほうが、本来の呼び名とされているようだ。

さて、ゆるゆると歩いて気づくと到着したこの界隈は、ゴンドリエラが仕事帰りに寄る一杯飲み屋が多い。彼らの立ち寄る店はいわゆる地元人のお墨付きということでも言えるであろう。ひと気の多い一軒へ。

路地の角地にある同店はまさしくゴンドリエレの溜まり場。来るわ来るわ。白と黒の縞模様のシャツを着た体格のよい日焼け顔の彼ら。地元訛りの大きな声で喋るので実際よりも店内は人数が多く感じる。

IMG_5072.jpg

IMG_5073.jpg

その横では観光客が座ってちびちび飲んでいたり、店内奥には地元の人やら学生やらがいたりもする。外気は冷たくなり始めているのに、中は汗をかかんばかりに熱気いっぱい。

店名の『バッコbacco』はローマ神話のワインの神様。立ち飲み屋としては少々割高なグラスワインではあるが、質のよいものを大きなグラスで出してくれる。つまみも、ヴェネツィアならではのバンコ(カウンター)に並ぶチケッティ(つまみ、惣菜)は特になく、パニーニやらが並ぶのみだが、頼めばいろいろとつまみ類も出してくれるので、座って腰を落ち着けることももちろん可。

とはいうものの、雰囲気を充分に味わうには、がやがやとした中にいるのがまたこの良さ。

IMG_5074.jpg

個人的にはワインとは別に子供に水を何度もしつこくもらったりうえ、バンコの値段つきのビスコッティを取り出したりしても小銭を受け取らずに笑ってつき返した締めの態度に好印象。

Osteria da Bacco
Calle delle Rasse 4620, Castello
Tel; 041.5222887
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Venezia/ヴェネツィア
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ウン・モンド・ディ・ヴィーノUn mondo di Vino | top | アーゾロAsolo>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/78-22a60281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)