パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



オアシス=Oasi(オアシ)の食事処 :: 2014/07/08(Tue)

『オアシ』とはいわゆる『オアシス』のことだけれど、環境保健団体であるWWFによって運営されている自然・環境保護地区のことを指す。

イタリア国内には、WWFによるオアシとして指定・認定されている地区は、全州内100か所強、31,000ヘクタールに及ぶ。

この日に訪れたのは、ヴェネトの湿地帯、ラグーナの地区。カンパーニャ・ルーピア(Campagna Lupia)という、ヴェネツィアの本島からみると南側、いわゆる沿岸から内陸にかけた場所だ。沿岸とは書いたが、ここら辺は一帯がラグーナの地域により、しっかりとした“沿岸”とはいえないとは思うが、見渡す限りの湿地帯、海水と淡水の入り混じるこの地区には、この地形ならではの自然に生きる動物たちがいる。

もちろんオアシ内での漁はや狩りはもちろん禁止されており、大きな自然地区一帯のなかにいる動物たちを自然の状態で生育できるよう保護されているのだ。

私たちが訪れたこの日は、こともあろうに暑い日中だったこともあり、水に浮かぶ白鳥が遠くにチラリと見えたくらいだったが、早朝に訪れると、あちこちで鳥たちの活動を見ることができるらしい。

ここら辺はフラミンゴの生息地でもある。(フラミンゴ、観たかった~)そして、ラグーナならではの魚たちも生息している地区。

お昼を近くで食べていけば?と、オアシをボランティアにて守る人たちに教えられた通りに、アグリトゥーリズモを訪れることに。

教えられた道を行くと、閉まった門が。インターフォンを慣らして門を開けてもらい、そのまま中に進む。

DSC_0450_convert_20140708131619.jpg

が、行けども行けども果てしなく続く道…

DSC_0441_convert_20140708131505.jpg

道の両側にはアシが茂るラグーナならではの風景。

DSC_0445_convert_20140708131554.jpg

ゆっくりゆっくり進んだ先にポツンと建物が現れた。どうやらここが食事処のよう。周囲になぁ~んの音もない、不思議な環境なり。

DSC_0436_convert_20140708131347.jpg

DSC_0438_convert_20140708131413.jpg

メニューは少なくて、プリモはオラータ(クロダイ)のリゾットとエビのスパゲティ・アッラ・ブーソラ。エビをトマトで煮たソースのヴェネツィアのパスタ料理。

DSC_0433_convert_20140708131324.jpg

あ、その前にアンティパストを頼んだら、サービス満点にて出てきたボンゴレ&コッツェ。

DSC_0429_convert_20140708131251.jpg

セコンドにスズキのグリルを頼み、ドルチェもいただいた。

ちらりとネット上の評価などを見てみたが、まあ、そんなに一生懸命に概評を出すこともないじゃない?…的なものが少ないコメントのなかに目立っていたが…いいじゃない?!こんな感じで…と思わせる、癒しの場所。

帰りに、興味本位にてこのアグリの先には何があるのか…とさらに進んでみたら、つきあたりには、魚の養殖場だった(中には入れないけれど)。
いわゆる近海もののスズキやクロダイなんかはこういうところで養殖されている。

DSC_0439_convert_20140708131437.jpg




関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Veneto/ヴェネト州
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ソアーヴェの街 | top | ソアーヴェ・クラッシッコSoave Classicoの里>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/787-a2f3e6d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)