パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ソアーヴェの街 :: 2014/07/18(Fri)

私の好きな街のひとつ、ソアーヴェ。街の名は、斉しく同名のヴィーノを想像させるが、もちろん同地での伝統的品種であるブドウから造られるものであり、そして同地の貴重な産物でもある。

DSC_0003_convert_20140718122322.jpg

塀に囲まれた小さな街は、ヴィーノに関連するものも多く、街全体がまさしく“ヴィーノの街”という情調。

DSC_0020_convert_20140718122833.jpg

DSC_0063_convert_20140718123111.jpg

街の上にそびえる、ロッカ(城塞)。遠くからも近くからもこの街の象徴。

DSC_0001_convert_20140718122252.jpg

小さな街の中、どこを歩いても街を囲む塀が確認できる。

DSC_0017_convert_20140718122811.jpg

DSC_0014_convert_20140718122409.jpg

DSC_0009_convert_20140718122347.jpg

この地で最も大きなカンティーナを訪問。創業は1898年。
現在は、単独の造り手、というよりも、コペラティーヴァといって、組合的に存在する同社には、2200軒ものブドウ農家が契約し、様々な需要に合わせた製造を行う。

そのなかでも特に優れた品質を持つヴィーノを製造する街に隣接する同社が持つ、ひとつのカンティーナ。10年ほど前に完成したこの建物には、製造現場はもちろん、会議場、ショップやレストランも併設している。

DSC_0053_convert_20140718123031.jpg

大小の樽が規則正しく整然と並ぶ熟成庫。街の象徴である山頂の城塞をちょうど真上とする位置に掘られたいわゆる岩穴。中に入るとひんやりと冷たい。空調などは一切しておらずとも、自然の力にて年間を通じて温度は14-15℃、湿度70-80%が保たれている。

DSC_0031_convert_20140718122914.jpg

第2次背世界大戦時、防空壕として使われたものだという。

同社のロゴであり、ソアーヴェの街の城壁の内外の往来を司る最も重要な門、ポルタ・ヴェローナが描かれている。

DSC_0027_convert_20140718122854.jpg

DSC_0015_convert_20140718122431.jpg

内部の説明を受けた後に味わう同社製造のラインナップ。

DSC_0041_convert_20140718122940.jpg

DSC_0049_convert_20140718123008.jpg

街を象徴する味わいを充分すぎるほど堪能。

DSC_0062_convert_20140718123051.jpg


関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Veneto/ヴェネト州
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<トリエステのグロッタ・ジガンテ | top | オアシス=Oasi(オアシ)の食事処>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/788-1b9fee6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)