パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ヴァルポリチェッラの里にて :: 2014/08/12(Tue)

久しぶりの友人と再会。別地ヨーロッパ圏内に住む彼女とご主人のイタリア旅行最後の土地、ヴェローナでの再会とあり、ヴァルポリチェッラの生産地をドライブがてらに昼食をすることに。

カメラに収めたら、ちょっと様子が違うな、と思うほどの絶景に(カメラのせいにしてはいけない…写真の腕ですね…)、感動しながら、到着したのは、サンジョルジョ・ディ・ヴァルポリチェッラ。小さな小さな街の一画なのに、美味しそうな店が3軒も軒を連ねている。

DSC_0197_convert_20140812150951.jpg

目をつけていたそのうちの一軒。

DSC_0198_convert_20140812151019.jpg

予定より早く着いてしまったので、暑い日曜日だったこの日、風通しのよい特等席を案内され、気持ちのよい昼食となった。

DSC_0193_convert_20140812150929.jpg

季節の地元のトリュフとキノコの出回り時期なため、季節のもの満載のプリモ・ピアットに…

DSC_0179_convert_20140812150646.jpg

DSC_0185_convert_20140812150722.jpg

セコンドにもトリュフ、そして馬肉のストラコット(長時間煮込み)。ここら辺の地元料理だ。

DSC_0191_convert_20140812150853.jpg

DSC_0190_convert_20140812150825.jpg

名カンティーナとして名高い造り手によるヴァルポリチェッラをいただいて、幸せ度最高潮。

最近の近況報告、仕事のこと、日常のハプニングやら少しだけ先の将来のこと、など話しながらの食事。刺激とアイデアのもとになる彼女のご主人の話にフムフムとうなずき、本当は大変だっただろうに、ユーモアたっぷりに語る健康話(病気話?)に笑ったり、こんなユニークな人に会った、あんな出来事があった、と、とにかくよく話してよく笑った。

もともと私の料理レッスンツアーに参加してくれたことがきっかけとなって、彼女とこの時に一緒だった別の友人とも、今でも信頼のおける仲。こうして長く付き合っていけるのは、本当に嬉しいこと。
いつも何かに悩む今日この頃にて、なによりも仲良しのお二人にとても癒されて穏やかさと力をもらった気分。

そして、自分にもでも少し変化をつける時期でもあるだろうことを確信して進む勇気のついた一日。

心からありがとう!!! またお互い元気で会いましょう!!!

関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Veneto/ヴェネト州
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<想ひ出のアマルフィ海岸 | top | ヴァカンツァ in クロアツィア>>


comment

こちらこそ どうもありがとうございました!
あの日はたくさんの元気をもらった楽しい一日でした。
次の再会を楽しみにしています☆
  1. 2014/08/15(Fri) 23:49:40 |
  2. URL |
  3. my kitchen #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

my kitcenちゃん!
はい!また次にお互い皆元気で会えますように!素敵な一日をどうもありがとうございました。
  1. 2014/08/16(Sat) 02:56:44 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/792-49b64c8b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)