パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ヴェネツィア本島にて、料理レッスン始めます!! :: 2014/10/27(Mon)

土地の料理は土地でしか解らないもの。イタリア料理なるものの存在は存在しないもの、として常日頃から考えていて、土地には土地の人にしか作り出せない味がある。

ということで、パドヴァ周辺各地にて、地元マンマを講師にしたお料理レッスンをたま~に催行。パドヴァ周辺とはいえ、その各地が全く違った特徴を持っているので、ほんとに面白い。40km移動しただけで、もう言葉も違えば食習慣も違ったりするものだから。

この度、ヴェネツィア本島に住むマンマ、アダさんが、この講師として新たに仲間入りしてくださった。ホントに嬉しい!紹介してくれた友人、知人に感謝です。

この日はリアルト橋下の市場で待ち合わせしてお買いものからスタート。

DSC_0013_convert_20141027201707.jpg

DSC_0011_convert_20141027201553.jpg

市場では自分の目利きで魚を選ぶ。「近海物しか選ばないわよ~」と言って、この日のお昼は他の友人も交えての軽いお昼の予定だったので、小エビとカルチョッフィのリゾットを食べながら過ごしましょ、とのことにて、小エビを購入することに。

魚屋の店先には、いつものようにたくさんの新鮮な魚介が並ぶ。この時期ならでは、ヴェネツィアならでは、のものに目がいく。

アリーチ(小イワシ)、モスカルディーニ(小タコ)、セッピア(甲イカ)などは小ぶりなこんなものが、良い。

DSC_0027_convert_20141027201948.jpg

DSC_0028_convert_20141027202014.jpg

マザネティも元気にカサカサ動いているし…

DSC_0053_convert_20141027202236.jpg

アングリッア(ウナギ)も。

DSC_0033_convert_20141027202040.jpg

戻したバッカラは重宝品。

DSC_0025_convert_20141027201924.jpg

この小さな殻付きエビ。同じようだけれど、2種類別のものだ。

DSC_0022_convert_20141027201803.jpg

手前がスキエSchie。

DSC_0024_convert_20141027201858.jpg

後側のはガンベレッティgamberetti(つまり小エビ)。詳細は後ほど…

DSC_0023_convert_20141027201832.jpg

野菜売り場にて。小さなカルチョッフィとポルチーニを少しづつ買って、コントルノにしましょー、ということに。

DSC_0039_convert_20141027202109.jpg

DSC_0045_convert_20141027202212.jpg

DSC_0043_convert_20141027202142.jpg

さて、アダさんのお宅、魚市場からゴンドラ(渡し船)に乗って対岸へ行き、小さな路地のアパルトメントの最上階にある。

ヴェネツィアのお家ならではの小さいながらも温かいお宅。キッチンも小さいけれどとっても可愛い。

DSC_0169_convert_20141027202645.jpg

すごい技術がある訳ではなくて、長い間料理をしてきた女性、マンマならではの後姿。

DSC_0135_convert_20141027202516.jpg

そうそう、彼女、ヴェネツィアのバーカロ、オステリアとしてはあまりにも有名すぎるぐらい有名な『ヴェドヴァVEDOVA』のキッチンで40年以上も働いていた人物。あの、あの、有名なポルオペッティは彼女の腕でつくられていたものだ。


さてさて、先ほどのエビさん達.。スキエとガンベレッティ。

茹でたりして加熱すると歴然とする、その両者の違い。スキエは茹でても灰色っぽさが残る。それに対してガンベレッティは茹でると赤くなる。

前者のスキエは茹でてヴェネツィア名物?!オイルと塩、ニンニクとたっぷりのプレッツェーモロにて。殻つきのまま調理し、手で食べる。手が汚れたって気にしないし、殻に残った旨みをチューチューいわせながら食べるのがまた、旨いのだ。

DSC_0114_convert_20141027202418.jpg

できあがってくるシンプルな皿の数々を食べながら、飲んだり、お喋りしたり…と忙しくあっという間に時間が過ぎた。

DSC_0157_convert_20141027202613.jpg

DSC_0201_convert_20141027202832.jpg

予め焼いておいてくれたお手製のチョコレートケーキを頂いて、素敵な一日を過ごしたことに、とっても感謝。

超ふとっちょの家主、ティグロ(虎という意味)さんがお待ちしています。

DSC_0089_convert_20141027202352.jpg

DSC_0187_convert_20141027202747.jpg


関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Corso di cucina/料理教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<風見鶏のいるアグリトゥーリズモ、アル・セーニャヴェント | top | 自然派プロセッコ 『カ・デイ・ザーゴCa’ dei Zago』>>


comment

アキさん
ついにヴェネツィア本島での料理レッスンですね!!
しかもVedovaに40年もいらっしゃった方だなんて。
凄い凄い凄いです!!
これは絶対に行かなきゃな、と思っています。
来年行けるといいな~。

  1. 2014/10/29(Wed) 23:23:48 |
  2. URL |
  3. bacaro-ferro #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

bacaro-ferroさん、
ぜひぜひいらしてくださいな。alla vedovaで例のポルペッテをつくって、今のあの店のスタイルを築き上げた立役者です。そうそう、年始にお友達と伺いまーす。もう計画済み!!a presto!!

  1. 2014/11/11(Tue) 13:59:52 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

えー!なんと、なんとー!!
楽しみにお待ちしておりまーす。
a presto♪

  1. 2014/11/14(Fri) 03:09:35 |
  2. URL |
  3. bacaro-ferro #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

はーい^^
  1. 2014/11/14(Fri) 14:18:17 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/802-f72c515b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)