パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



栗の収穫祭 フェスタ・デイ・マッローニ Festa dei Marroni :: 2014/11/15(Sat)

昨年も訪れた栗のお祭り。トレヴィーゾ県のやや北側、コンバイCombaiという栗の産地にて開催されたサグラ(収穫祭)に今年も足を運んでみた。

コンバイという町は、プロセッコの産地であるヴァルドッビアーデネValdobbiadeneに隣接した地域で、自然豊かな森林で成り立つ丘陵地。パドヴァから移動する場合は、このプロセッコの産地を通っていくこととなる。

最良のプロセッコのブドウ畑がある、カルティッツェを通り…

DSC_0310_convert_20141115150727.jpg

DSC_0300_convert_20141115150633.jpg

コンバイの街へ。

平地のない、坂道だけの街。小さな街だから、一年に一度の栗のお祭りの期間中は、いっぱいいっぱい。同地の栗は生産地呼称I.G.P.に指定されているものだ。

DSC_0326_convert_20141115150747.jpg

DSC_0328_convert_20141115150808.jpg

DSC_0260_convert_20141115150502.jpg

昨年同様に、サグラでは皆のお楽しみの昼食会場へ行くものの…ちょうどいいお昼時間だというのに、食べるものは皆、売り切れ。…そういえば、昨年もそうだった。

昨年の経験を生かして、今年は改善を、なんていう変化のないところが、やっぱりなぁ~、などと思いながらも、まぁ主役は栗なので、栗の焼けるのを待つ。

この日のお昼は山盛り焼き栗とトルボリーノ。トルボリーノとは、ワインの製造の始まりの時期、まだ完成していない醸造しきれていない若いワインのことを指す。アルコール度数は、ワインのそれに達していなくて、まだ濁りがあるもの。

DSC_0210_convert_20141115145835.jpg

栗の季節はちょうどこの早熟ワインの季節となるため、ローストのカスターニャ(マローネ)のお伴はこのトルボリーノ、と決まっている。

土地柄、ここのトルボリーノはプロセッコのそれ。甘くて酸味があり、少々泡っぽいが、まだまだキリッとさにはほど遠い。
でも、これが焼き栗にはぴったり。

メイン会場では、こちらも例年のごとく大きな鉄鍋にて栗が次々に焼かれている。

DSC_0221_convert_20141115150131.jpg

おじさん達と少年たち。

おじさん達は脇で酒飲みながら立ち話に華を咲かせている脇にて、

DSC_0233_convert_20141115150202.jpg

少年たちは真面目に汗をかきながら一生懸命に働いている図。

DSC_0244_convert_20141115150229.jpg

できあがり。

DSC_0246_convert_20141115150316.jpg

熱々の焼き上がった栗は袋に入れられて、皆に振る舞われる。

DSC_0213_convert_20141115145943.jpg

DSC_0220_convert_20141115150100.jpg

DSC_0215_convert_20141115150019.jpg

DSC_0247_convert_20141115150341.jpg

コンバイの街の頂上にあるカステッロへと続く路は、かかし覧会。

DSC_0329_convert_20141115150834.jpg

DSC_0333_convert_20141115150911.jpg

DSC_0335_convert_20141115150933.jpg

スパヴェンタパッセリspaventapasseriと言われるかかし。こんな可愛いかかしにスズメさん、びっくりしてくれるかな…?

DSC_0348_convert_20141115151042.jpg

子かかしさん達は、円陣組んで、何を企んでいることやら…

DSC_0344_convert_20141115151010.jpg

DSC_0357_convert_20141115151113.jpg



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 行事、習慣
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<4姉妹健在! ウーディネ郊外の温かい宿 | top | 初冬のメルカート>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/807-61e00443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)