パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ONAF開催 北ヴェネトのラッテリア訪問 :: 2014/11/19(Wed)

イタリアのチーズのテイスティングに集中したONAFのプログラムに参加し、その会の一番楽しい(?!)最後のレッスンであるチーズ生産者を皆で訪問した。

プログラム期間中は、なんだか他の用事やら仕事やらで、もう苦しい日々を送ったもので、その悦びとは格別!!

場所は、トレヴィーゾ県の最北にあたるタルツォTarzoという町にあるラッテリア。美しい湖レヴィーナは、避暑地としても知られている。
この日は悪天候にて、見晴らしはあまりよくなくて、残念。

訪れた先は、ラッテリア・ソチャーレといって、単独の酪農家の持つ施設ではなく、何軒かの農家の共同体としてできている、いわゆる共同組合的な製造所だ。

施設は生産工場と直売店、そして、チーズ博物館が備わっており、そう多くはないが、乳製品製造関連の道具がいくつか展示されていたり、子供向けにも自然教育させる場を提供もしている。

DSC_0669_convert_20141119134911.jpg

DSC_0647_convert_20141119134243.jpg

どうやって牛が飼われ、乳を搾り、それがチーズとなって美味しく形を変え、私たちの口に運ばれるのか、という流れを見て、感じて、食べて理解してもらえる仕組み。

DSC_0645_convert_20141119134135.jpg

古い時代からのチーズ製造に関するデータ。写真の上の最後のページは1948年の記録。日付と乳量、できあがり量等々が細かく記載されている。

DSC_0665_convert_20141119134820.jpg

そして、ここでつくられるチーズの試食。フレッシュで個性のあるそれら。風味抜群にて、その場で購入物を決定…。

DSC_0652_convert_20141119134415.jpg

DSC_0654_convert_20141119134714.jpg

DSC_0657_convert_20141119134742.jpg

それにしても、乳の違い、製法の違い、方向性、そして伝統と歴史で、仕上がるフォルマッジョのできに違いが出てくる。面白い。

DSC_0650_convert_20141119134329.jpg

日曜日なので、製造作業はないものの、製造現場を見学。熟成室はやはり圧巻。

DSC_0721_convert_20141119135218.jpg

DSC_0686_convert_20141119134952.jpg

DSC_0707_convert_20141119135135.jpg

DSC_0692_convert_20141119135019.jpg

DSC_0699_convert_20141119135057.jpg

その後は、皆でそれぞれに移動して、昼食会。

DSC_0726_convert_20141119135343.jpg

皆でわいわいがやがや、これがなんと言っても、楽しい時間!!

山はすっかり秋~冬色。

DSC_0733_convert_20141119135426.jpg



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Produttore/生産者
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<コショウたっぷり サルサ・ペペラーダ Salsa Peverada | top | 4姉妹健在! ウーディネ郊外の温かい宿>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/809-364ff9e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)