パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



PERBELLINI(ペルベッリーニ)のパンドーロ :: 2014/11/26(Wed)

パスティッチェリア・ペルベッリーニ Pasticceria PERBELLINI

今年もやってきた、この季節。パネットーネとパンドーロがいっぱいに並び、雰囲気が一気にナターレのに近づく。街場のお菓子屋さんやスーパーには、10月末ぐらいから出回り始めていて、もう今や本格化。

昨年も友人たちとここのパンドーロを買いにいって、やっぱり美味しくて今年も足をのばしてみた。

DSC_0092_convert_20141126132401.jpg

たくさんのフルーツのカンディーティ(フルーツの砂糖漬け)の入ったパネットーネは華やかなナターレ向き。ヴェネト発祥のパンドーロは、シンプルな卵たっぷりのふわふわ生地。両者とも、毎年のことながら、この季節がくると必ず数種はただいている。

訪れた先は、ヴェローナの南側、ボヴォローネBovoloneという小さな街にある1900年創業のペルベッリーニ。
地元でも、また他地でも、同店のそれは非常に知られていて、ロゴ入りのシンプルながらに素敵な包み紙が魅力。

店はお菓子を買い求めに来る地元の人たちでいつもいっぱい。日曜日は特にお菓子屋さんは大繁盛日であるから、この日は後から後から、閉店間際までひっきりなしに人の流れが。

DSC_0070_convert_20141126131817.jpg

目当てのパネットーネとパンドーロ。棚にあるもの全て買いたくなるような衝動にかられつつ…

DSC_0060_convert_20141126131749.jpg

DSC_0058_convert_20141126131710.jpg

地元のお菓子やら、自宅使いのお菓子などが並んでいて、これらも悩ましいくらいに魅力的。なによりも、適正価格なのも、嬉しいところ。

DSC_0080_convert_20141126132934.jpg

DSC_0065_convert_20141126132830.jpg

この店を有名にしているのは、天然酵母による発酵菓子。パネットーネにいたっては、クラッシックから同店オリジナルの商品が様々に並ぶ。

パンドーロがこの店を有名にしているひとつの理由だが、ヴェローネーゼならではのオリジナルがある。
それが、オフェルタ・ドーロOfferta d’Oro。パンドーロの発祥と言われている“ナダリンNadalin”を現オーナーのお爺さんの代に商品化したもの。この店の看板商品でもある。

prodotti_foto_id1_convert_20141126132429.jpg

(↑画像はお店のHPから借用)

そして、この店にやってくるお客さんの多くが買い求めるのが、ミッレフォーリエ。いわゆるミルフィーユ。同店の看板商品でもある。

DSC_0077_convert_20141126132003.jpg

さっくさくの生地に、ふんわりとしたクリームは、“スフレ状の”と表現される。販売する直前に、店頭に並べる際にクリームを挟んで、いつでもサクサクの生地とふわふわのクリームの状態で提供。

店の裏にある作業場には、このお菓子専用のスペースが設けられていて、ショーケースになくなると裏手にまわってクリームを挟んで店頭に出す。この日はお昼前に完売。最後のミッレフォーリエのかたまりを出すところだった。

DSC_0081_convert_20141126132147.jpg

目の前であれよあれよとなくなっていく…大きな塊を持ちかえる人々。予約している人も多数。

DSC_0078_convert_20141126132031.jpg

現オーナーはバッテスタBattistaさん。製造現場にも、店頭にもいつもいらっしゃる。

DSC_0082_convert_20141126132305.jpg

ということで、今年のパンドーロはペルベッリーニからスタート!!

DSC_0090_convert_20141126132334.jpg



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Dolce/ドルチェ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<バヴァラッセ(Bavarasse)とヴェラーチ(Veraci) | top | アグリトゥーリズモ 『アル・ペニーゾラ』 Agroturismo Al Penisola>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/812-f055ea7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)