パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ラディッキオのお祭り Festa di Radicchio di Rio San Martino :: 2014/11/30(Sun)

今年も始まった、この季節。ヴェネトの冬を代表するラディッキオの旬がやってきた。

ラディッキオはヴェネト州以北で作られるチコリの仲間の野菜で、各生産地にて、それぞれの形状及び味の違いなど、品種を異とし、それに伴い、各生産地の名のついたラディッキオの品種は数多くある。

ヴェネトのなかでも何種もあるなか、代表的で特徴的なものが、トレヴィーゾ産の晩生種である、ラディッキオ・ロッソ・ディ・トレヴィーゾ・タルディーヴォI.G.P. (Radicchio Rosso di Treviso Tardivo I.G.P.)だ。

DSC_0046_convert_20141130153230.jpg

ヴェネト州内、トレヴィーゾ県を中心にヴェネツィア県、パドヴァ県の3県で生産されているもののみにI.G.P.の産地呼称の認証がつく。

その地域内にて、季節ともなると順を追って、各生産地にての収穫祭(サグラ)が開催される。各地の毎年恒例のイベントであり、地元の生産物の恵みを悦び、労に敬意を示すもの。

シーズン最初のサグラはヴェネツィア県下、スコルツェという町のリオ・サンマルティーノRio San Martino。
数あるサグラのなかでも大きな規模のここは、毎年のシーズンのスタートということもあるのだろうか。会場内は赤紫色のラディッキオ色でいっぱい。装飾も馴染みのこの色に統一されている。

DSC_0033_convert_20141130153118.jpg

入口には、生産物が並び、そして会場には、地元の生産者たちの製品の展示即売のコーナーも設けられている。

DSC_0040_convert_20141130153146.jpg

DSC_0043_convert_20141130153208.jpg

DSC_0021_convert_20141130153051.jpg

会期は2週間ほど。近所の人たちは何度となく足を向けることとなる。会期中には、料理人たちによるラディッキオ料理コンテストや、生産者の今年の出来の品評会等々、生産者・学識者によるシンポジウム等々もプログラムされた。

DSC_0053_convert_20141130153250.jpg

DSC_0012_convert_20141130153640.jpg

寒~い季節の生産物という認識ゆえ、これが始まると冬本番!というう気分になるもの。だが、今年はなんだか一向に本格的な冬の訪れもまだまだ…という感じ。


関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. イベント、見本市
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<お山の素敵なレストラン 『LAITE』 | top | バヴァラッセ(Bavarasse)とヴェラーチ(Veraci)>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/814-f28b6252
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)