パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
107回目のトレヴィーゾのラディッキオ祭り 107°Antica Mostra del Radicchio Rosso di Treviso IGP :: 2014/12/14(Sun)

ラディッキオの季節になると各地にて開催されるラディッキオ祭り。12月のはじめに開催されたのは、トレヴィーゾの街にて。ここのお祭りの歴史は古く、今年はなんと107回目を数える。第一回目の記録は1900年12月20日であったとされる。

数年前までは、街の一番の中心地であるシニョーリ広場をメイン会場に行われていたが、ここ近年は場所を旧市街地の中心から少しだけはずれた大学施設の広場にて。

DSC_0081_convert_20141214152942.jpg

他地の祭りは郊外なため、大きなテントをはって盛大に行われるも、歴史ある祭りとはいえ、トレヴィーゾのものは少々小規模。

DSC_0125_convert_20141214153532.jpg

DSC_0114_convert_20141214153447.jpg

それでも、クリスマスのメルカートが始まったお天気のよい日曜日とあり、人出も多く、街中は多くの人で大賑わい。

会場はトレヴィーゾ産ラディッキオのタルディーヴォ種のクオリティの高い生産者の生産物の展示と即売会、そして、隣接の仮設テントにてのラディッキオの料理の提供。

それらには、地元の他生産物、地元フォルマッジョのCasatella Trevisiani DOP、発砲の白ワインとして日常に親しまれているProsecco DOPなどなど、豊富で良質、高品質の生産物を掛け合わせて、美味しい恵みを皆で共に分かち合うものだ。

DSC_0100_convert_20141214153244.jpg

ずらりと並べられたラディッキオ。IGP生産地内でも有数の生産者のものばかりが並び、見た目にも非常に美しい。

DSC_0106_convert_20141214153322.jpg

ラディッキオの品質の良さは見た目の美しさも必須要素。美しいものは食べても美味しい。

DSC_0107_convert_20141214153351.jpg

DSC_0079_convert_20141214152908.jpg

ラディッキオ生産関連の関係団体によるラディッキオ料理にはどこも人だかり。

DSC_0082_convert_20141214153040.jpg

ここはバッカラと地元産サラミのソプレッサを合わせた皿。

DSC_0084_convert_20141214153111.jpg

DSC_0089_convert_20141214153133.jpg

冬になるとどこの飲食店でもまた、家庭でも親しまれる料理、パスタ・エ・ファジョーリ。この温かいミネストラにラディッキオを載せていただくのはこれまた定番。

DSC_0121_convert_20141214153513.jpg

DSC_0094_convert_20141214153158.jpg

会期は3日間と他地に比べると短めだが、この3日間は来場者も多く、ラディッキオの売上も非常に伸びたのだとか。

地元ならではの希少な生産物を愛する、地元の人たちによるお祭り。冬のヴェネトもなかなかいい。

DSC_0128_convert_20141214153557.jpg

トレヴィーゾの隠れ名所、おっぱい噴水。…も、静かに健在。

DSC_0133_convert_20141214153644.jpg


関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Veneto/ヴェネト州
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<Anno 2015 今年もどうぞよろしくお願いいたします。 | top | ONAFの授与式>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/818-005c7bb7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。