パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



サローネ宮の下のもっと下 :: 2015/02/26(Thu)

パドヴァの中心、街の“顔”でもあるラジョーネ宮。13世紀の建物で、裁判所として使用されており、パドヴァの人たちからは“サローネ”という通称で親しまれている場所。

R0037559_convert_20150226221025.jpg

日中も夜も堂々としたその姿は、街の中心を飾るにふさわしい風貌。

サローネの下は“ソット・サローネ(⇒サローネ宮の下)”と呼ばれ、当時からここは商業の場として、商店が立ち並んでいた場所。

今日も同様、ハムやチーズ、肉、惣菜などを売る食品店街となっていて、いわゆる、ショッピング・センター的な使われ方を今も昔も変わらずに人の集まる活気のある場所として健在。

R0033439_convert_20150226221106.jpg

このソット・サローネのさらにソット(下)は、これらの商店の倉庫として使われていたのだが、20世紀に入り、ここはローマ時代の遺跡跡であったことが発見された。

当時の遺跡は現在、私たちが歩いている高さより7メートルほど低い高さにあったとされ、その高さに紀元前後の建物の土台が残されている、ということになる。

ここの見学は自由に中に入ることができず、曜日と時間限定でガイドと伴に入ることとなる。普段閉められている床をぐぐっと上げて床下にいくように階段を降りる。(写真の係のおじさんは登ってるけど…)

foto+2+(7)_convert_20150226221443.jpg

そこには、ローマ時代の生活の一部を垣間見れるような遺跡が、もちろん全ての原型をとどめていないまでも、建物や道、そして井戸の跡などが。

foto+1+(7)_convert_20150226221242.jpg

foto+1+(8)_convert_20150226221312.jpg

白×黒のシンプル模様ではあるが、当時の床のモザイクの一部などが残されており、非常に貴重な古代パドヴァの歴史。

1200年代にこの建物が建てられた際には、もしかしたらこの地下部分の存在も知られていたのかもしれない。しかしながら、この大きな建物はその後、何度も火災やら暴風雨の被害にあっていて、何度も修復に手をかけられているうちに、だんだんと風化していったもの、と聞いている。

foto+2+(8)_convert_20150226221517.jpg

foto+1+(6)_convert_20150226221200.jpg

現在も一部はまだいわゆる物置のようにロッカーが並んでいたりする…

foto+3+(7)_convert_20150226221550.jpg

サローネ宮の造りの非常に特徴的な屋根は現在木造建築で、“船をひっくり返したような”、中心部が高く、ゆるいカーブを描きながらまるで船底を内側から見るような造りだが、当時は木製ではなく、石づくり。その当時、パドヴァで大きな業績を残したジョットの壁画もあったのが、時の流れと様々な不運に見舞われて、残念なことに、それを現在見ることはできない。
当時の、完成したばかりのサローネ宮、この目で見てみたかったなぁ…無理だけど。


パドヴァの街も掘り起こしていくと2000年前級の遺跡が隠されている。つい先日も現在工事中の鉄道駅の線路を掘り起こしたらローマ遺跡が出てきてしまって工事が中断…ということも。

新地下通路を新設中の工事なだけに、またもや工事の完成が先に延ばされる見通しだ。


関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Padova/パドヴァ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<丘の上の素敵な場所 Vignaioli Contrà Soarda | top | ブランドーリ通りのオステリア Antica Osteria di Via Brandolini>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/824-0f7b7e7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)