パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
カゼイフィーチョ・ペンナル Caseificio Pennar とトゼッラ :: 2015/03/30(Mon)

ヴェネトを代表するアジアーゴAsiagoというチーズは同名の丘陵地帯、アジアーゴでつくられているDOP指定のチーズ。丘陵地帯…とはいえ、背後にはドローミティが控える山岳地帯。標高1000m級の一帯だ。

こういう場所を一般的にアルト・ピアーノalto piano(=高い場所、高原地帯)というが、ここは昔から牛の放牧場所として、いわゆるマルガmalgaが多く点在する場所でもある。そして、第一次世界大戦時の激戦区でもある、という歴史を持つ。

セッテ・コムーネsette comuniと呼ばれる地域がアジアーゴの主要産地。セッテ=7つの、コムーニ=自治体、という意味を持ち、もともとは7つに分かれていた場所。トレンティーノ・アルト・アディジェ州との州境でもある。

アジアーゴは10世紀にはもう既に当時の文献に残されていた、という歴史のあるチーズ。パドヴァのヴェスコヴォ(監督、いわゆる高位の聖職者)たちが、美味しいチーズを求めてここにやってきていた、とされる。
現在でもマルガと呼ばれるものは100を数え、その総面積は11,000ヘクタール、10,000頭の牛が飼われているとされている。

アジアーゴは現在、避暑地としても知られ、またこの一帯は冬場はスキーのメッカでもある。年間を通じてヴェネトを中心に多くの人々の訪れる場所で、そして、美味しい山の味覚を楽しみにくる週末客の多い場所。

そしてここの名産のチーズを目指して遠出してくる人も多いのだが、そんななかでも特に多くの人に知られている生産者(カゼイフィーチョ)が、ペンナルPennar。

DSC_0890_convert_20150330220839.jpg

ここの美味しい空気と美しい自然のなかで育つ乳牛の乳からできるアジアーゴは同カゼイフィーチョの歴史からいっても断トツの信頼と知名度といえる。その始まりは1927年。

現在も伝統の製法、生乳(高温殺菌をしない)からつくる大型のアジアーゴ。熟成1カ月から月ごとに味わいが変わるので、この販売所にいくと、それぞれを購入することができる。

DSC_0888_convert_20150330220941.jpg

DSC_0886_convert_20150330221009.jpg

30-60日熟成のものは、アジアーゴ・プレッサートAsiago Pressatoと呼ばれ、D.O.P.指定のもの。そして、それよりもさらに熟成の進んだものは、その熟成具合に合わせて、メッザーノMezzano(熟成中途)、メッザーノ・ヴェッキオMessano Vecchio(熟成中~後期)、ストラ・ヴェッキオStravecchio(超熟成)と格付けされ、総じてアジアーゴ・ダッレーヴォAsago d’Allevo とされる。これも、もちろんD.O.Pの指定に入る。

DSC_0881_convert_20150330221031.jpg

この直売所では、アジアーゴの製造中につくられる他チーズもある。これは、カザテッラと呼ばれる、少し酸味のある高温凝固されたフレッシュタイプのチーズ。

DSC_0873_convert_20150330221107.jpg

他、ここのバターや牛乳は文句なく滋味深く、美味い。

私がここに着いたのは、午後の開店15.00の15分ほど前、少し辺りをお散歩して戻ってきたら、店の前の駐車場には後から後から到着する車が…

そして、このアジアーゴに来る楽しい目的は、ここの自然豊かな環境と、美味しい山の食事。

美味しい山の食事、とはいっても、大概には、そんなに特別なものはなくて、煮込みのソースのパスタや肉の焼いたもの、そこにポレンタがついてくる、そして季節の野菜の料理…など。

DSC_0795_convert_20150330221206.jpg

DSC_0790_convert_20150330221129.jpg

ここに書いたトゼッラ、というのは、上記のようなチーズの製造時にできるフレッシュの派生チーズみたいなものを、熱々の鉄板(フライパン)で焼き上げるもの。ここにはバターをたっぷり使い、高カロリー食ではあるが、古くからある土地の一皿だ。

DSC_0791_convert_20150330221145.jpg

まだ春浅いこの日はまだまだ空気が冷たくて、あちらこちらに残雪も見える。小高いところから見渡す景色は美しくて、美味しい空気をたっぷり吸ったいい週末の午後。

DSC_0809_convert_20150330221354.jpg

DSC_0836_convert_20150330221322.jpg

DSC_0837_convert_20150330221300.jpg



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Produttore/生産者
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<司教の館-ヴィッラ・デイ・ヴェスコヴィVilla dei Vescovi | top | 丘の上の素敵な場所 Vignaioli Contrà Soarda>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/826-e65c7ee9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。