パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ヨーロッパ最古の音楽堂 オデーオ・コルナーロ Loggia e Odeo Cornaro :: 2015/04/11(Sat)

パドヴァの街に残る1500年代につくられた音楽堂と野外劇場。パドヴァのシンボルでもある、サンタントニオ聖堂のほど近く、当時の巡礼者たちの宿泊所などが並ぶポルティコの奥にひっそりとした一画にある。

foto+3+(1)_convert_20150411053301.jpg

発案者は、ヴェネツィアの作家であり、貴族であるアルヴィーゼ・コルナーロ。芸術をこよなく愛したコルナーロ氏が文化活動の場所として築いたものだ。

敷地内に入ると正面に見えるのがロッジャLoggiaと呼ばれる、野外劇場だ。

foto+(1)_convert_20150411053358.jpg

ヴィチェンツァのナントという石を使って築かれたそれは、正面から見ると、演じられる演目がまるで額縁に入った絵のようなシーンをつくりだす、という趣向が凝らされているのだとか。シンメトリーの造りは、もちろんその当時に人気のあったパッラーディオ建築にも繋がっている。

テアトロは全面が大きく開かれて、比較的高さがない。観客と舞台に立つ役者が近い距離に感じられるように、との配慮で、この舞台の造りは、パドヴァ出身の劇作家であるルッツァンテの意見を参考にしている、といわれている。

アテネのパンテノン神殿風でもある、ともいわれていて、柱の上部に装飾を施したメトープ/ドーリア式。ギリシア神話に登場する月の女神ディアナや愛と美の髪、ヴィーナス、そしてアポロなども配されている。

foto+2+(1)_convert_20150411053204.jpg

foto+2_convert_20150411053236.jpg

目を閉じてこの正面に立つと、当時の華やかな劇場の模様が見えてくる…?!

そしてこの劇場を正面にして右手側に建つ建物、これがオデーオと言われる、音楽堂だ。

foto+1+(1)_convert_20150411053947.jpg

ここは、文化サロン的に使用されていたとされ、当時の音楽や芸術の愛好家たちの文化活動の場。ここで音楽を奏でたり、書を語ったり…という交流が行われていた、という。

内部はいくつかの部屋に分かれてるのだが、主要の2つの部屋は天井がドーム状になっていて、音響効果抜群。中心に立って手を叩くと、結構な反響音が響く。

foto+3_convert_20150411053331.jpg

内部はフレスコ画で覆われているのだが、天井部のものが特殊で、500年代にローマ、マントヴァなどで流行ったとされるグロテスク絵画。
さらには、その当時ではこれまた珍しい、人々の日常生活をこれまたグロテスクともいえる描き方である、娼婦、半人半獣の森の神であるサテュロスなども描き、農民の生活感である野菜などをはじめとした植物、動物、水壷等々を表現している。

パドヴァの建築物のなかでは、このスタイルはここが最初といわれていて、この建物の持ち主であるコルナーロは当時の芸術の流行りをいち早く…というアイデアの持ち主だったのであろう。・こんなハイソな大人の遊戯場を造ること自体が非常に洒落た人物だったのではないか、と推測する。

1968年までは個人所有の住宅だったものを、その後パドヴァ市に受け渡され、現在に至っている。


Loggia e Odeo Cornaro
via Cesarotti, 37 - Padova



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Padova/パドヴァ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<スンマーガのチーズ工場 Latteria di Summaga | top | BSフジ 「路面電車で行く 世界各街停車の旅」 4月9日(木)22.00より>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/830-18bdb7ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)