パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



あったかいマンマの手と春の香り :: 2015/05/19(Tue)


DSC_0078_convert_20150517125547.jpg

こんな、あったかい手の持ち主になりたいなー、と思っている。

バッサーノのグラツィエッラと手打ちのパスタをつくっていたときに、しみじみと彼女の大きなふっくらとした手を見て感じたこと。

DSC_0050_convert_20150517125506.jpg

DSC_0077_convert_20150517125532.jpg

彼女の人柄が出るかのうような、温かい手。こんな手でつくるお料理は、間違いなく美味しく仕上がる。

この日、春まっ盛りのこの時期に、この生パスタを使ってつくったのは、野草のトルテッリーニ。

朝採ってきて集まったものは、ブルスカンドリBruscandoli(ホップの若芽)、オルティーケOrtiche、ローゾレRosole(タンポポ)、タリアテッレ・デッラ・マドンナTagliatelle della Madonna(シラタマソウ)。

DSC_0018_convert_20150517125430.jpg

これらを細かく刻んで火を通し、リコッタとあわせて中身にする。

DSC_0096_convert_20150517125618.jpg

DSC_0101_convert_20150517125632.jpg

今が旬のバッサーノ産のアスパラをソースに。

DSC_0119_convert_20150517125702.jpg

DSC_0082_convert_20150517125603.jpg

そして、メインのおかずは、茹で卵を添えてバッサーノ風。フォークでつぶして自分で塩とコショウ、オイルとアチェトを混ぜてアスパラと頬張る。

DSC_0127_convert_20150517125718.jpg

春の香り。

ドルチェには、ナシをたっぷり入れたチョコレートのトルタ。

DSC_0111_convert_20150517125647.jpg

気持ちがほわーんと温まる、彼女のつくる手料理は、毎日の食事つくりにとっても参考になるのだ。

DSC_0042_convert_20150517125451.jpg



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Corso di cucina/料理教室
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<コネリアーノのお城 | top | カンティーナ・ヴィニャルタ Cantina VIGNALTA>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/833-918ddb35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)