パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



燕三条の技と食 in EXPO Milano :: 2015/09/30(Wed)

去る9月24-26日、私の地元、新潟県の燕市、三条市の誇る伝統的ものづくりの街をミラノで開催されている万博にて紹介された。たった3日間という短い期間でのパフォーマンスのためとはいえ、準備は何ヶ月も前から始めていて、今、無事に終了ができたことを、本当に心から嬉しく思っている。

今回のチームは、燕市、三条市あわせてのプロジェクトにて、燕三条地域産業振興センターがそのまとめ役。

同地区は、2市が隣り合わせに位置する職人の土地。伝統的な独自の製法で、金属製品をはじめとした様々な製品がつくられている。

そのなかでも、今回のエクスポに参加してくださっているのは、

包丁の『日野浦刃物工房』
http://www.ginzado.ne.jp/~avec/hinoura/

無形文化財にも指定されている、鎚起銅器の『玉川(ギョクセン)堂』
http://www.gyokusendo.com

八角、十六角という精巧な美しい箸を製造する『マルナオ』
http://www.marunao.com

障害者や高齢者向けにも食卓に恵みを与えようと考案された福祉食器づくりの『ウィルアシスト』
http://www.willassist.biz

彼ら、職人さんたちが自ら出向き、ステージ上にて実演を行い、そして、ワークショップとして、来場者にもものづくり体験に参加してもらう、という趣向。

そして、新潟の美味しいお酒と地元の名物、くるま麩の試食。

包丁のデモは、包丁研ぎ体験として、日野浦さん自らが切れない包丁を切れる包丁にする手解きを。切れ味をトマトや紙でステージ上に上がった参加者に実際に確かめてもらう。皆、驚きのいい表情!

IMG_2784_convert_20150930163343.jpg

鎚起銅器体験は、一枚の丸い鉄板を小皿に仕上げる。3つの金槌、木槌を使い、玉川さんのアドバイスを受けながら作る姿は皆、真剣そのもの。

IMG_2791_convert_20150930163603.jpg

IMG_2789_convert_20150930163500.jpg

IMG_2788_convert_20150930163425.jpg

お箸のデモンストレーションは、2種のかんなを使って、八角箸づくり体験。もちろん均一な角のついた美しい箸に到達するのには少々難しいけれど、皆、体操満足げに会場をあとにする。

IMG_2772_convert_20150930163054.jpg

IMG_2774_convert_20150930163223.jpg

今回のエクスポでは、何度かスタッフとして参加しているものの、この燕三条のパフォーマンスの高さには、今までにない来場者の興味をひき、素敵な3日間に仕上がった、と思っている。

それもこれも、ここまでの準備期間でのハプニングにも穏やかに対応してくれた担当者の酒井さんをはじめ、現地入りしたスタッフと職人さん軍団のチームワークのよさのおかげ。チームはとてもこじんまりしていたけれど、暖かくまとまりのある雰囲気が会場にも伝わっていたことは確実。
とても素晴らしい会となったことに、出演者、関係者、そしてミラノで会場を支えてくれたスタッフの皆様に対し、改めて感謝申し上げます。

IMG_2801_convert_20150930163635.jpg

それにしても、今回ミラノ入りしてくださった職人の皆様、かっこよくて惚れました…今度帰国の際には、ゆっくりと各工房をまわってみたいと思います。

本当にお疲れさまでした。そしてありがとうございました。





関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ヴェネツィアの伝説。アダさんとリアルト橋にて | top | グラーナ・パダーノ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/844-84e909f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)