パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



EXPO Milano ミラノ万博 :: 2015/10/21(Wed)

今年の5月から開催されているミラノでの万博も、今月末まで。万博を通じて、万博内及びそれに関連した多くのことに関わらせていただいて、いい経験にもなった数ヶ月間。

10月半ばの日曜日、万博自体には最後に任された仕事に合わせ、一度は連れていってあげたかった娘もミラノへ。

娘とそのお友達、そして他家族とでいざ出陣!

閉幕に向け、大混雑のエクスポと聞いていたので、仕事の約束の時間に日本館にたどり着けないことを心配して早朝から車でミラノ入り。そして無事に任務も終えて、皆で集合、どこへ行こうかなぁ…と歩き始めた。

好奇心のかたまりみたいな3人の女の子たちを先頭に、まずはブラジル館。入り口に巨大ハンモックみたいな網が仕掛けてあり、それを目当てに1時間半待ち。

ようやく私たちの順番にて、大興奮!

IMG_2966_convert_20151021125401.jpg

その後はこれまた長い列をなしている、パビリオン・ゼロ。

人間の食、自然に対する歴史を同館を通じて表現する。こちらは2時間位待ったのであろうか…中に入ると、まずは中世のビブリオテーカ(資料館)が迫力満点に眼前に迫ってくる。

IMG_2980_convert_20151021125507.jpg

たくさんの引き出しが上から下まで壁一面を覆われていて、私たちの食の歴史の記録庫であることを表している。

いくつかの大きなサーラ(部屋)を進んでいくと、自然を背景にした様々な食をテーマにした展示物が。種、動物、ごみ問題、環境変化…。とてもデザイン的にそして描写的に現代の食への問題提起が続く。

IMG_2982_convert_20151021125634.jpg

そして、食の取引場。将来は食物そのものも触って確かめることもなく、株式市場のように、世界の食べ物が商業取引のように機械的に取引される、という皮肉をこめた暗示。実際には一部の食品は既にこのような取引形態になっているものもある、ということもあり、かなり現実的な模写かもしれない。

IMG_2993_convert_20151021125702.jpg

と、お昼くらいから2つのパビリオンを見て、もう夕方。お目当ての日本館はこの日、8時間待ちの長い行列だったのだが、有難いことに優先入場の枠をとっていただいたため、長い列を横目に入り口へ。ここに娘を連れてくるのがこの日の最大の目的。

子供達もとっても楽しんでくれ、また、この日一緒にいた他家族も日本という彼らには非常に遠い国にとても興味を示してくれて、がんばって来た甲斐あり!

帰りには、イタリア館脇の広場での夜のイルミネーション・ショーを見て、終了。

いやいや、この後、パドヴァまでの夜の車の運転がきつくてきつくて…途中何度も休みながら無事に帰宅した頃にはもうボロボロだったけれど、子供たちにもよい経験をさせてあげられて、よき一日を過ごせたことに感謝です。

IMG_2995_convert_20151021125737.jpg

エスクポ終了まであと10日。関係者の皆様、本当にお疲れ様です。


関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. イベント、見本市
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<パドヴァの自然派ワイン『カンティーナ・ラ・リスピーダCantina La Lispida』 | top | マラーノのポレンタ祭り Festa del Mais Marano>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/847-dddef784
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)