パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
トレヴィーゾのラディッキオ祭り 108^ Antica Mostra del Radicchio Rosso di Treviso :: 2015/12/09(Wed)

ヴェネトの冬の野菜、ラディッキオの季節が本格化。ラディッキオは、ヴェネト州でつくられる野菜で、産地によって様々な種類がある。トレヴィーゾ産、カステルフランコ産、ヴェローナ産、キオッジャ産、ゴリツィア産…それぞれに形や色、生産法などが異なるため、地産色の非常に濃い産物だ。

そのなかでも、秀でた代表格が、トレヴィーゾ産の晩生種、タルディーヴォ種だ。

ラディッキオは畑から収穫されてから、一手間ふた手間をかけて出荷されるのが特徴的。収穫後に暗室などに入れて軟白作業が施されて、その野菜独特の甘みや色のコントラストができるものだから。

タルディーヴォ種にかぎっては、その手間がさらに加わり、畑からの収穫→暗室と地下水を利用した軟白作業→出荷、となるのだが、畑からとれる大きな葉からは想像もできないほど、出荷されるものは、小さくなる。手の平より少し大きめで、おまけに紫と白のくっきりとした鮮やかなコントラスト、その形は筆先のよう…

非常に変わった生産方法と、その容姿をもつこの野菜は、この土地の土、気候、そして水があってできる賜物。

生産地はヴェネト州内、トレヴィーゾ県、ヴェネツィア県、パドヴァ県の3県にまたがるが、I.G.P.という、産地呼称のつく、いわゆるブランドものになり得るものは、3県全域というわけではなく、さらに地区が限定されている。

そして、もちろん、苗植えから生産法、出荷の形態にまで細かい基準が定められており、それに該当するもののみがオフィシャルにこのブランドのついたシールを獲得して、売られることになる。
ヴェネト州にいると、冬のこの時期は、スーパー、八百屋、総菜店等々にてラディッキオを見かけないことはまずないくらい日常的なもの。ではあるが、やはりその品質はピンキリで、もちろんそれが価格に正直に反映されてくる。

購入する側としては、使用する目的や、もちろん懐具合によって品質を選んで買うことになるのだが、I.G.P.のマークの入ったものは、姿形にも独特の風格のあるものにて、他から一線を画す、というのは決して大げさな言い方ではない。

…と前置きが非常に長いのだが、この時期になると、該当地域では次々と入れ替わりに収穫祭が開かれる。

毎年、おおよその時期は、各地にて決まっていて、その先陣切るのは、決まってヴェネツィア県の郊外にある街。
次いで、トレヴィーゾの街なかにて行われるものだ。

今年のトレヴィーゾでの祭りは、12月の第1週目。トレヴゥーゾ産…と謳われるように、ラディッッキオの歴史はトレヴィーゾから始まるのだが、この街で開かれるそれは、なんと、今年で108回目を数える。

DSC_0061_convert_20151209050051.jpg

DSC_0057_convert_20151209024920.jpg

街の旧市街地で行われるため、規模としては小さめのものではあるが、ナターレ時期とも重なり、毎年多くの人で会場がごった返すのだ。

ひと昔前は、この祭りがあると、街の中心となるシニョーリ広場は、一面を生のラディッキオで覆われ、圧巻ともいえる光景だったそうだ。
今は、広場に大きなテントをはって、主役となるラディッキオの展示をはじめ、地元の生産者たちの即売会、料理人を招いてのクッキングショー、そして、ラディッキオを使った料理の提供等々が行われている。

DSC_0055_convert_20151209024835.jpg

DSC_0043_convert_20151209024709.jpg

DSC_0056_convert_20151209024900.jpg

ラディッキオのビールやら、ラディッキオを混ぜ込んだチーズ、お菓子なども振る舞われる。

DSC_0047_convert_20151209024753.jpg

DSC_0051_convert_20151209024813.jpg

DSC_0039_convert_20151209024646.jpg

ラディッキオはこの街になくてはならない貴重な地元の産物。会場の中心には《冬の花》と称されるそれらが陣取り、まさしく華を添える。

DSC_0032_convert_20151209024602.jpg

DSC_0029_convert_20151209024538.jpg

DSC_0063_convert_20151209050120.jpg

そして、街のあちこちがラディッキオで飾られ…売り物である野菜がまるで装飾の一部のよう。

人々は、それらを肴に季節を楽しむ、というわけだ。今年も楽しみな本格的な冬の到来だ。

DSC_0034_convert_20151209024624.jpg



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. イベント、見本市
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<パドヴァ伝統料理を味わう Antica Trattoria dei Paccagnella | top | パドヴァ名物 茹でタコ屋台 La Folperia(ラ・フォルペリア)>>


comment

はじめまして


少し前からブログを拝見させていただいていました。

私は日本でイタリア料理のお店で働いています。
お店ではラディッキオのリーゾや
バッカラマンテカートとポレンタに添えたりして使っていました。

ラディッキオやトレヴィーゾと何となく呼んでいましたが、
呼び名の違いが分かりやすく解説されていて
今回の記事とても面白かったです!

イタリアにはこういう収穫祭がいっぱいあって羨ましいです!
  1. 2015/12/12(Sat) 10:51:31 |
  2. URL |
  3. kuronekonoie #Gix553Ao
  4. [ 編集 ]

Re: はじめまして

コメントありがとうございます。ラディッキオは、私も特に思い入れの強い大好きな地元食材です。お店でも使ってくださる、と聞いてとても嬉しいです!
  1. 2015/12/19(Sat) 01:37:50 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/852-76623eb5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。