パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ミラノの新メルカート・サンタ・マリア・デル・スッフラジョ Mercato di Santa Maria del Suffragio :: 2015/12/29(Tue)

メルカート=市場とは、通常、野菜や果物、肉、魚、チーズ類、ハム類等を扱う店舗が集結したもの。イタリア各地・各町に根付いた日常の食事に直結する、庶民の台所となる場所である。つまり、あくまでも日常の食事に直結する場所。

もともと地元色の強いイタリアでは、各地のメルカートを覗くとその土地の産物やら土地料理を想像することができる。さらには、季節感や行事感、そして町自体の活気など。

メルカートのよさは、常に対面販売形式。ものを購入する際には、必ずや一言二言の会話があり、ここで美味しい調理法や他情報を仕入れることが可能。お馴染みさんだと、そこにお互いの近況報告やら、もっと単純に、お互いの存在を確かめあうことのできる場所。

とはいえ、生活様式も変化しているし、簡便性を考慮すると、なんでも一度に手に入るスーパーマーケットや、郊外型の大型ショッピングセンターなどで買い物を済ます機会も非常に増えた。…というより、もうそっちのほうが主流になってしまっているかも。

私自身だって、チェントロのメルカートは大好きな場所ではあるけれど、車の乗り入れられないチェントロは少々不便を感じるのし、そうなると買い物をする頻度は、スーパーマーケットのほうが多いという事実。

とはいえ、お買い得品も多数あって、スーパーで買い物をする利点はあるものの、反面、購入する食品の出処や生産元の確かさが希薄になりやすくもなる。と、まあ、いい面とそうでもない面が両者存在する、ということだ。

最近では、そんなこんなに対抗するかのごとく、食品の安全性を強くアピールする動きも非常に活発化。生産者を明らかにし、さらには地元である優位性を利用して新鮮で確かなものを消費者の手に、という意を表す《km0(キロメートル・ゼロ)》という言葉が日常語になったこともそのひとつの例といえる。いわゆる《地産地消》的な考えだ。

2015年の暮れにオープンしたミラノの新しいメルカート。もともとミラノの公共メルカートであったのだが、長年営業することなく置き去りにされていた建物を、新たな息吹を吹き込んだものだ。いわゆる、メルカート・コペルト、屋根つきのメルカートで、こういう施設形態の場合、メルカートは終日を通じて営業が可能なスタイルとなる。

DSC_0043_convert_20151229164335.jpg

同施設の特筆すべきは、その発案者。ダヴィデ・ロンゴーニ(Davide Longoni)氏。独自のフィロソフィを持つパン職人。製パンを通じて、素材やそれを取り巻く環境などに、非常に敏感な人物。

DSC_0011_convert_20151229164054.jpg

DSC_0015_convert_20151229164129.jpg

DSC_0013_convert_20151229164111.jpg

彼の提案するパン、焼き菓子類、そしてピッツァ類などが並び、さらにはジェラートやガストロノミーアとして、質のよいチーズ類、ハム類の販売もある。

DSC_0031_convert_20151229164300.jpg

DSC_0034_convert_20151229164316.jpg

DSC_0029_convert_20151229164242.jpg

八百屋には、トロピカルフルーツなどもおき、そして、野菜を中心とした惣菜も多く置かれている。それらは、サラダ類、煮込み料理、オーブン料理などバリエーションも豊富。

DSC_0019_convert_20151229164148.jpg

DSC_0021_convert_20151229164206.jpg

ペスケリア(魚屋)は、ヴィアレッジョのバッカラで有名なSCHOONERの出店。素材の購入はもちろん、黒板に書かれたその日のおすすめメニューに注目。

DSC_0005_convert_20151229163958.jpg

DSC_0008_convert_20151229164018.jpg

彼の音頭取りのもとに、確かな生産者及び製造者、販売者が提案する食材と、それらを使用した惣菜の展開。施設内は飲食のできるスペースも大きくとられたいわゆる飲食一体型メルカート。

DSC_0026_convert_20151229164224.jpg

こういうスタイルのメルカートででは、フィレンツェの中央市場2階スペースの充実した飲食コーナーからこういった動きが出ているとも思われるが、いわゆる、メルカートという名を呈した新しい食事処的な感覚が強いように思う。

営業時間も朝食のできる朝7時半から、夜が23時まで利用可能、おまけに日曜日も夕方まで営業する、という、イタリアでは比較的稀な都市型食事処。

今後、イタリア各地でこういったスタイルのメルカート、いや、飲食施設が増えるのではないかなー、と思っている。



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Milano/ミラノ
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<トリノのメルカート・メトロポリターノ Mercato Metropolitano di Torino Susa | top | パドヴァのナターレ2016>>


comment

こんばんは!

メルカート良いですよね。日本には余りないのが寂しいです。

イタリアに行ったときは(ローマの市場にしか行ったことがないのですが)カンポディフィオーリとテスタッチョに行きました。
テスタッチョは新しくなってからです。
もう本当に色々見るのが楽しくて時間を忘れてしまいました。

Santa Maria del Suffragioも新しくて良いですね。
今度ミラノに行ったら行ってみたいです!!
  1. 2015/12/30(Wed) 00:00:35 |
  2. URL |
  3. kuronekonoie #Gix553Ao
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

メルカートは私も大好きです。土地の生活がよく解りますよね。一番好きなのは、やっぱり自分の街のメルカートかなぁ…
  1. 2015/12/30(Wed) 17:27:19 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/857-79f9edb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)