パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
Buon Anno 2016 :: 2016/01/01(Fri)

新年が明けました。
昨年はたくさんの、本当にたくさんの方と様々なシーンで出会う機会を持つことができ、よい経験となった一年でした。

昨年末、ナターレには親戚一同が集まる恒例に、いつも通りに参加。総勢20名弱になる大きなテーブルを、通年通りに囲めるのは、幸せなこと。
昨年夏に他界した義母を、改めて皆で少々としんみりとした瞬間もありつつ…の数日を過ごした後、年末年始はパドヴァに戻り、夫と娘と3人でひっそりと。

年越しには、今年はがんばってお料理をたくさん作りました。今年、仕事やら他での知人等との関わりから、いろいろと食についての関心ごとがさらに増えたこともあり、大げさなことはしませんが、特別の日のための料理の支度をしつつ、家族の健やかな日常を考えたりしていました。

夕飯の支度をひと段落つけ、娘と暮れ始めた街へ。目的は、聖アントニオ聖堂参り。

IMG_3577_convert_20160101170827.jpg

大きなミサが開かれていていましたが、その端で一年を無事に過ごせたことの御礼と、来たる2016年へのご挨拶。

そして、カウントダウンは、これも恒例のパドヴァのPrato della Valleにて催される新年の花火。

会場内のあちこちから、夜空にゆらゆらと舞い上がるたくさんの想いが託された紙風船を眺めながら…寒い夜空に勢い良くあがる花火を観て、新年が明けました。

IMG_3591_convert_20160101170849.jpg

IMG_3603_convert_20160101170907.jpg

IMG_3624_convert_20160101170925.jpg

昨年中にお世話になった多くの方々、改めて御礼申し上げます。ブログを訪れてくださった方にも、改めまして。

本年も引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。2016年が皆様にとって、家族にとって、そして私自身にとっても素敵な1年、実りのある1年となりますように。

少しづつ少しづつ…Hop Step Jump!!

DSC_0103_convert_20160101170738.jpg


2016年1月 パドヴァより 白浜亜紀
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<アルピーニのオステリアにて | top | トリノのメルカート・メトロポリターノ Mercato Metropolitano di Torino Susa>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/859-73711c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。