パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



ゼロブランコのラディッキオ収穫祭 Mostra del Radicchio di Zero Branco :: 2016/01/21(Thu)

旬を迎えたラディッキオのサグラ(収穫祭)は順を追って各地で開催されている。この時期は、トレヴィーゾ県の産地、ゼロブランコという町での開催。毎年1月初旬から中旬の週末を含めた2週間が会期となっている。

IMG_3741_convert_20160121152722.jpg

各地でのサグラは各自治体の持つProLocoという、地元の観光振興機関が主になり行われ、各サグラでの趣向の凝らし方も任されている。
このゼロブランコの会場の作りは、例年、会場となる仮設大テントの入り口に、ラディッキオの生産工程の順を追った様子が再現されている。

DSC_0087_convert_20160121152659.jpg

種まき、畑での生育、収穫、浸水作業、出荷までの作業が見られるのだが、それらの表示が、イタリア語ではなくて完全に地元の言葉で書かれているところもまた面白い。

DSC_0011_convert_20160121152155.jpg

DSC_0024_convert_20160121152216.jpg

DSC_0025_convert_20160121152247.jpg

DSC_0030_convert_20160121152310.jpg

DSC_0038_convert_20160121152329.jpg

DSC_0043_convert_20160121152349.jpg

メイン会場は、大食堂と化す。
どれもラディッキオをベースとしたメニューの数々。

DSC_0081_convert_20160121152606.jpg

ラディッキオのグリルとフリット。

DSC_0056+(1)_convert_20160121152414.jpg

DSC_0060+(1)_convert_20160121152434.jpg

リゾットや、ラディッキオを混ぜ込んだチーズなど。地元ならでは、ラディッキオならではのベーシックだけれど、皆が好んで食べるものばかり。

DSC_0066_convert_20160121152518.jpg

DSC_0062_convert_20160121152456.jpg

DSC_0077_convert_20160121152542.jpg

ほか、地元の業者の展示即売等々の露店も並ぶ。

DSC_0054_convert_20160121152117.jpg

DSC_0082_convert_20160121152628.jpg

11月から出荷の始まるラディッキオだが、1月、2月が最も美味しくなる季節。まさしく旬。

毎年、やはり気候の変化や異常気象などで何かしらの変化や問題がある。自然の力に頼る農作物にはつきもののの問題。
そんななか、旬の味をいつものように、恒例の行事が開かれ、そこに人が集う。生産物、生産者はじめ関係者、そしてそれを消費する人々…全てが揃っての収穫祭の有り難さだ。



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 行事、習慣
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ヴィアノーネ・ナーノ・ヴェロネーゼ米 Riso Vialone Nano Veronese | top | ヴィッラ・ピサーニ Villa Pisani>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/864-07853b14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)