パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



フリウリへ1日遠足 :: 2016/06/30(Thu)

少し前からフリウリの美味しいワインを訪ねる旅を計画していた。ようやくそれが実現。車で行くと大した時間もかからないのだが、いくつかめぼしいワインのカンティーナを目的に、知人と朝から出発した。

ウーディネを囲む地域の白ワインをまわるのが今回の旅の趣旨。

DSC_0009_convert_20160630023156.jpg

ここら辺は、その昔トカーイ(Tocai)とよばれていた地産ワインが有名。ハンガリーの同名種との競合に、奇しくも負けてしまったという経緯がある。数年前からフリウラーノと変名されてしまったが、地元ではやはり旧名トカーイのほうが馴染みがある。

DSC_0059_convert_20160630023340.jpg

他、その名のごとく、少し黄味がかった色が特徴のリボッラ・ジャッラ。深い味わいのしっかりとした白ワイン。有名なものは、もう少しスロヴェニア方面に行く丘陵地帯のものだが、この品種のもつ独特のしっかりとした甘いフルーツのような香りが…

これは土着品種のスキオペッティーノ(Schioppettino)。房が大きくたわわに実るのだそうだ。

DSC_0040_convert_20160630023249.jpg

土地ならではの砂利の多い土壌は水はけよく、大昔に川の流れが運んできた栄養分を土壌深くに携えていること、そんなこともあり土地がもともと湿気を含まない健全な風通しのよいことから病気などの影響を受けやすい等々で、健やかなブドウが育つ。

シェルドネやソーヴィニオンなどの、いわゆる一般品種も土壌と気候、そして造り手の手によるものだろう、非常に質の高いものに巡りあうことができて、感激に近いものあり。飲む前に感じる香りと口に含んだ際に口いっぱいに、そして鼻にぬける香りがとってもピュア、個人的にはそんな印象をもつ。

そして、知らなかったのだが、ここら辺は少量ではあるが、とても品質のよいオリーヴオイルも採れるのだとか。

DSC_0053_convert_20160630023323.jpg

お天気にも恵まれ、比較的穏やかな平らなブドウ畑をいくつか見せてもらい、中世のお城などにも案内してもらいながら、1日がゆっくりとだが、忙しく(アポがあったので)過ぎていく。

DSC_0044_convert_20160630023306.jpg

DSC_0001_convert_20160630023039.jpg

DSC_0002_convert_20160630023139.jpg

お昼には、カンティーナで教えてもらった近くのレストランにて。サンダニエーレのお膝元ですので、薄く切ったプロシュットをいただいた。

20ヶ月と36ヶ月の熟成のもの。切りたての美味しさはハムの本場で食べるからこそ。とろけるようなうまさ。

DSC_0020_convert_20160630023211.jpg

そして、季節はずれのフリーコ。ここのは玉ねぎなし、ジャガイモとフォルマッジョのみ。なんだかこれは重すぎて…食べきれずにお土産に。

DSC_0032_convert_20160630023227.jpg



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Friuli/フリウリ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<ボローニャ散歩 | top | プロセッコの産地の最中枢、カルティツェ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/890-44cd9788
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)