パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
チェバプチチとパラチンカ…クロアチアにて :: 2016/08/09(Tue)

今年の夏も、我が家では恒例のクロアチア、ロヴィーニョへ。

もともとイタリア領下(もっと昔はヴェネツィア共和国)だったクロアチアのイストリア半島の地区は、イタリアの特にヴェネツィアの文化が非常に強く残る。現在でもイタリア語もほぼ通じるということも、またパドヴァから車で行けば南イタリアよりも遥かに近い、ということもあり、非常にお手軽なバカンス場所。

DSC_0056_convert_20160808235946.jpg

そんなこともあり、ロヴィーニョにいるとあっちこっちでヴェネツィア訛り、パドヴァ訛り…のヴェネト人の会話が耳に入ってくる。我が家も紛れもなく、そのうちの一家族。

抜けるような青空と、これまた青く澄んだ海、そして自然の広がる海岸線。街の中心街は小さな路地の入り組んだ坂道が入り組み、独特の雰囲気を持つ町。ヨーロッパを中心とした各国からのヴァカンス客で夏は賑わう。

DSC_0003_convert_20160808235833.jpg

夕暮れの街には、子供達の露店が並ぶ。これも恒例の風景。

IMG_5548_convert_20160809000213.jpg

さてさて、美味しいのはやはり新鮮な魚介料理。街中の美味しいレストランはいつも人でいっぱい。

DSC_0045_convert_20160808235916.jpg

DSC_0053_convert_20160808235931.jpg

街の中心のオススメは「Balbi(バルビ)」。ただし、予約は受け付けていないので、早めに行くか、席が埋まっていたらとにかく店前で待つのみ、なので要注意。

IMG_5426_convert_20160809000052.jpg

Restavracija BALBI 
Trg G. Matteottija, Rovinj

美味しいのは魚料理だけではなくて、お肉(牛、豚、羊)も美味しい。魚料理もそうだが、焼くだけ、のシンプルな調理法が多いので、素材が美味しい=料理が旨い。どんな料理にも当てはまること、とはいえるけれど…

肉の加工品として、この地域のどの食事処にもメニューに載っているのが、チェバプチチ(
ćevapčići)。

IMG_5540_convert_20160809000139.jpg

東ヨーロッパの国にはよく見かける料理で、肉のミンチを細長い棒状にして焼いたもの。肉には香辛料などがたっぷりと混ぜてあるので、このまま食べて美味しい。が、通常添えられる玉ねぎ。この、辛味がなく甘い生玉ねぎと、パプリカや野菜を混ぜた赤いペーストを添えて食べるのが旨い。

IMG_5590_convert_20160809000233.jpg

チェバプチチにも国ごとに肉の内容が変わるらしい。クロアチアのそれは豚肉、近隣に行くと牛肉や羊肉などになるそうだ。これもイスラム教などの宗教的な関連もある。

そして…何度訪れてもなかなか覚えられない、ドルチェのメニュー、パラチンカ。いわゆるクレープで、そこにチョコレートソースや、クルミの砕いたのやらを添えて食べる。

IMG_5434_convert_20160809000119.jpg

どこの店も提供スタイルもほぼ同様。素朴&シンプル=ベスト‼︎

ドルチェメニューは比較的バリエーションに乏しくて、何処で尋ねてもたいていはこれだけ。もしくはドルチェなし、という店もあったりする。

美味しいものをいただきながら海でのんびり過ごす…なんとも贅沢な一週間を過ごさせてもらい、今年もここに戻ってこられたことに感謝。

いつも泊まるアパルタメントは今回予約がとれず(早く準備をしないから…)、今年はいつもの家の向かいのアパルタメントを紹介してもらった。
このシニョーラお手製の差し入れ、ジャガイモと玉ねぎのストゥルーデル。焼きたての熱々をお皿にのせて持ってきてくれた。

DSC_0077_convert_20160809000001.jpg

こんな温かいおもてなしに出会えるのも、ほんとに嬉しく有難い。焼きたてのパリパリをまずは一切れ。海に持っていっておやつにしっとりしたところを一切れ。

美味しい旅の思い出。

IMG_5420_convert_20160809000021.jpg

関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 他の国
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<ローマで王道カルボナーラ | top | ビーゴリの定番 カモの煮込みソース Bigoli all’anatra>>


comment

 「美味しい旅」っていいですね~♪

 一枚目の明るい写真と最後の夜の写真の対称が素敵です。

 スカンピの旨味を凝縮されたリゾット最高ですね!!
  1. 2016/08/10(Wed) 21:47:52 |
  2. URL |
  3. ユウタ #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

旅や立ち寄った土地の印象は、食べたものの印象にもだいぶ影響しますよね。はい、このスカンピのリゾット、とっても美味しかったです。
  1. 2016/08/12(Fri) 16:38:42 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/902-3b87a85a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。