パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
新しくて美味しいローマ 『レトロボッテガ (Retrobottega)』 :: 2016/10/09(Sun)

少し前になるが、ローマのお店の備忘録。
最近とても評判のいい、こちらのお店を訪問。

ローマの中心地の路地。間口の狭いその店を入ると、カウンターが縦に伸びるモダンな空間。

IMG_5870_convert_20161009134343.jpg

着席するには、カウンターが断然お勧め。シェフの動きを目の前に見ることができる。

IMG_5857_convert_20161009134128.jpg

まず、席に着いたら各ポジションに設えた引き出しを開けて、自分でテーブルセッティング。そして、メニューは店内の黒板と、カメリエーレからお勧めなどを聞いて。早めの時間だとシェフ及び料理人さんに尋ねるなどすると、さらによし。

IMG_5852_convert_20161009134026.jpg

IMG_5853_convert_20161009134105.jpg

私が選んだものは、お魚料理。あまりお腹が空いていなかったため、セコンド一皿に完結しようと考えたので。
メルルーサの一種の大型のお魚(名前は忘れてしまった…)にルコラのソースを添えたもの。弾力のある肉質に、さっぱりと仕上げたソースが添えられる。見た目の爽やかさもよし。

IMG_5858_(1)_convert_20161009135020.jpg

それに合わせたワインのチョイスは、これもセルフサービス。冷蔵庫に入っているワインを自分でセレクトして、グラスへ(もちろん、注いでもらう)。ワインのチョイスもなかなか素敵で、地元ワインに限らず、イタリア全土、そしてオーガニック、フランスの発砲等々、数は少ないものの、よい品揃い。

IMG_5867_convert_20161009134254.jpg

IMG_5868_convert_20161009134319.jpg

で、ここでさらりと終わりにするはずが…前菜のパーツの前のカウンターを陣取ったので、料理を待ちながら、目の前でつくられる前菜の皿が非常に興味深くて、セコンド終了した後に、アンティパストへ逆戻りすることにした。

選んだものは、森のキノコと題された皿。マリネなどされたキノコを盛り合わせられた一品で、一皿のなかに様々な食感を盛り込んだもの。

IMG_5860_convert_20161009134203.jpg

これは所謂ヴィーガン向け料理。アンティパストからドルチェまで、それぞれに必ず一品はヴィーガン料理が設定されている。
もちろん私はヴィーガン信仰者ではないのだけれど、このお皿、とても楽しめる一品。

その後、結局ドルチェまで食べることに。
マスカルポーネのドルチェ。上にのっかっているのは、コーヒーの寒天。ティラミスの変型版みたいなのだが、これも目と舌で楽しませる、楽しい一皿。

IMG_5864_convert_20161009134221.jpg

料理をみているとなんだか日本料理にかなり影響をされているようで、シェフの日本料理に対する興味がそのまま皿に反映されている。
アンティパストのピーマンのグリルなどは、まるで赤身の寿司のよう、定番料理の子牛のトンナートのソースには、味噌を隠し味に使う、等。おまけにこの長いカウンター越しに料理作業が見えるのは、完全に割烹風だ。

とにかく今のローマの繁盛店のひとつとして君臨しているこの店、予約は受け付けていないので、早めの時間、もしくは遅めの時間をずらして訪れるのがベター。

またぜひ行きたいお店のひとつ。

IMG_5872_convert_20161009134413.jpg

Retrobottega
Via della Stelletta, 4 Roma
T: 06 68136310
http://www.retro-bottega.com


関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Italia他の町
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<栗の収穫祭 フェスタ・デイ・マローニ/Festa dei Marroni a COMBAI | top | パドヴァ大学にて。科学者の夕べ La Notte Europea dei Ricercatori>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/911-ce463181
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。