パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



フリウリの、フリウリらしき温かい料理 『サーレ・エ・ペーぺ(Sale e Pepe)』 :: 2016/12/17(Sat)

お世話になっている、オーガニックワインの生産者、Venchiarezza (ヴェンキアレッツァ)の若き醸造家ルカにお昼に誘われ、連れていってもらったお店が、ここ。

土地の料理をすごく生かしてそれでいて田舎臭くない…(とは言っていないが)、とお勧めだから是非行こうよ、とお誘いを受けた。
はい、もちろんお供させていただきます…。

彼のカンティーナから少し山側にあがった静かな坂道に目指す店。店構えがとってもいい感じ。

DSC_0056_convert_20161217024504.jpg

看板がとっても可愛い。

DSC_0057_convert_20161217024528.jpg

店内の写真を一枚も撮っていなかったけれど、とても温かな感じのお店。そのままキッチンに案内されて皆さんに挨拶して席に着く。

ここの料理は “cucina di territorio (クチーナ・ディ・テッリトーリオ)”がコンセプト。つまりは、土地の恵みを生かした土地のお料理。土地で採れたものを生かして、少しだけ現代風にアレンジされた郷土料理を再現する。彼らが手をかけている畑でとれた野菜を使用していることは、もちろんのこと。

イタリアではここのところよく耳にする “kirometro zero (キローメートロ・ゼーロ) “を実際に実践している。この意味するところは、生産物を確かな場所(人)から、そしてその土地のものを利用する、という意味を含む。

お料理は口頭で説明され、一番初めに出てきた皿が、パンのスープ。名前忘れてしまった。
残りのパンを利用した、この土地のポーヴェロ料理。豚のラルドの風味が効いている。

DSC_0047_convert_20161217025341.jpg

アンティパストに選んだのは、アリンゲ(ニシンの塩漬け)を加えたサラダ。ヴェネトやフリウリでは、バッカラと並び、保存のための魚として非常に馴染みの素材だ。

そして、フリウリ特有ともいえるだろう。甘いフルーツを使用した一品。これは、スジーナ(プルーンの一種)やリンゴなどを加えたスープ。食べてみたらザラザラとした粉末状が、これはポレンタを入れてスープ全体にもったり感を出したもの。
食べた感想は「食べるピンツァ」。いわゆる、ポレンタに乾燥フルーツを入れて焼き上げた、ここらへんのドルチェ。これにはルカも同感。

DSC_0048_convert_20161217024433.jpg

セコンドは、ウズラと栗のチョコレートソース。チョコレートソースに興味があり、頼んでみたが、チョコラート・フォンデンテをベースにした少し濃厚なソース。ウズラと栗との相性ぴったり。

DSC_0054_convert_20161217024449.jpg

それぞれに合うワインには、地元のリボッラ・ジャッラとレフォスコを。

平日なのに、常連さんの家族連れや、外国人などでいい感じの客入り。

食事後に少し街の散策を…とチヴィダーレの街を案内してもらう。小さな小さな山あいの街は、ユネスコの世界遺産に指定されている。

DSC_0070_convert_20161217024701.jpg

DSC_0064_convert_20161217024612.jpg

街の入り口の橋からは、素敵な水辺の景色。水が驚くほど透明で、びっくり。ルカ曰く、もっともっと水の綺麗なとっておきの場所があるのだとか。幼いときから夏場の子供達の川水浴場になっていた場所らしい。

DSC_0067_convert_20161217024643.jpg

街の頂上に位置する礼拝堂からの眺め。この日は気温が低くて一面霧にて、遠くが見えなかったが、天気のよい日には、彼の住む場所から向こう〜の山までがくっきりと見えるのそうだ。

DSC_0062_convert_20161217024547.jpg

DSC_0066_convert_20161217024628.jpg

穏やかなのに、しかも純粋なパッションはこんなところで生まれるんだなぁ…としみじみと考えた一日だった。

ありがとう。
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Italia他の町
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<チーズの会『ONAF(オナフ)』の年末決起集会 | top | ブドウの樹の冬支度>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/927-c4478cc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)