パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



パドヴァの街のナターレ :: 2016/12/22(Thu)

毎年この時期になると、街の景色が一変する。

12月8日の無原罪の御宿りの日から、カトリックの本来の意味のナターレがスタート。その日を待っていたかのように、街中はメルカティーノ(クリスマスマーケット)でキラキラとした雰囲気となる。ナターレ用に家族や知人へと渡すプレゼントを購入する買い物客で人々が行き交い、街が一層と華やかになる時期。

DSC_0179_convert_20161222021446.jpg

冬の寒さで空気がピンと張り詰めたようになりながらも、明るい雰囲気となるのは、ナターレ時期特有のものだろう。

パドヴァの旧市街値には、今年は150の屋台が軒を並べている。

DSC_0183_convert_20161222021521.jpg

売っているものは、地方の美味しいものやお菓子、クリスマスグッズ、手袋や帽子などの防寒グッズやらアクセサリー等々、自分用またはプレゼント用にと、毎年ほぼ同じような顔ぶれの屋台なのに、なんとなく足を止めて、財布を開けてしまうのは、ナターレだから、こそ。

DSC_0191_convert_20161222021701.jpg

DSC_0190_convert_20161222021615.jpg

DSC_0187_convert_20161222021557.jpg

DSC_0186_convert_20161222021537.jpg

普段の日曜は閉まっているはずの店も、この時期は営業許可がおりているので、かきいれどき。

DSC_0177_convert_20161222021428.jpg

パドヴァ市では、普段は75分間有効のバスチケットも、この時期は4時間有効となって、市内バスやトラムは、中心地へ街歩きする人たちで満員状態。

不況なんてどこにあるんだろう、なんだか豊かな雰囲気いっぱいなパドヴァチェントロ。

DSC_0182_convert_20161222021504.jpg




関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Padova/パドヴァ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<レナート・ボスコの発酵ピッツァ | top | チーズの会『ONAF(オナフ)』の年末決起集会>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/929-9c6092bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)