パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



メルカートは春の装い :: 2017/03/23(Thu)

この時期のメルカートはまた季節の変わり目を感じるとき。

DSC_0040_convert_20170323170747.jpg

冬の野菜と春先の野菜が混在する。

目立つのは、春の野草類。日本でいう春の山菜みたいに、春先のほろ苦い野草があちこちで見られるとき。

DSC_0017_convert_20170323170502.jpg

本来ならば、そこら辺りの原っぱににょきにょき出ているのを摘んでくればいいんだけれど、栽培ものがきれいに束になっているのを市場で買うのが、私なんかは一般的かなー。

これは、おなじみのブルスカンドリ。ホップの新芽。

DSC_0024_convert_20170323170611.jpg

隣に並んでいるのは、カルレッティと呼ばれるシロタマソウの新芽。ちょっと変わった風味がして、これも刻んでリゾットに入れたり、オムレツの具材として利用される。

こちらはローゾレ。タンポポの葉みたいだが、タンポポよりも苦味が柔らかい。ケシの新芽。これらはどっさりと一度茹でたものをよく炒めてコントルノとしていただく。

DSC_0013_convert_20170323170426.jpg

カルチョッフィも本格的に出揃うとき。掃除をきれいにしたものも種類を違えて勢揃い。

DSC_0034_convert_20170323170727.jpg

ヴェネツィアのカステラウーレも出始めた。

DSC_0025_convert_20170323170644.jpg

ヴェネトでも、ヴェネツィア、パドヴァ周辺でしか見ない、フォンディという形のもの。フォンディとは、底という意味。つまりは、カルチョッフィの底の部分だけどお皿のようにしていただくもの。食べる部分は非常に少なくて、捨てる部分が大部分だが、この部分がホクホクとした食感で非常に美味しい。

DSC_0031_convert_20170323170708.jpg

出始めのピゼッリ(グリンピース)は、地物産が出るにはまだ1ヶ月ほどかかる。

DSC_0023_convert_20170323170545.jpg

アスパラも出始めであるが、これはパドヴァ南部のもの。パドヴァの南側には、ローマ時代よりの温泉源があり、地下に温かい水が流れるため、アスパラもこの土地で一番早く収穫を迎える。

DSC_0021_convert_20170323170524.jpg

春野菜って見ているだけで元気になる要素だ。

関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Padova/パドヴァ
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<素敵な空間『イ・サーヴィ』 | top | パドヴァの骨董市散策>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/936-17dbb9fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)