パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



バドエーレのアンティーク市 :: 2017/05/12(Fri)

大好きなアンティーク市。日曜となると、どこかの町で必ず開かれているので、時間があるときは散歩がてらに出かけたりしている。

毎月第1日曜に開かれているのは、トレヴィーゾ県のモルガーノ市バドエーレという町のアンティーク市。小さな町ではあるが、町の中心の広場が、非常に特徴的。半円を囲むように造られた建物の中心が広場になっていて、そこで様々なイベントなども開催される。毎月開催のアンティーク市もここで。

DSC_0161_convert_20170512165730.jpg

DSC_0163_convert_20170512165749.jpg

ここ、結構な掘り出しものが見つかる場所でもある。

DSC_0186_convert_20170512170121.jpg

DSC_0182_convert_20170512170056.jpg

DSC_0164_convert_20170512165807.jpg

可愛いところで、引き出しの取っ手。

DSC_0158_convert_20170512165708.jpg

こちらは、30年代の野菜水切り器。もちろん現役で使える。保存状態もよく、とっても可愛い。

DSC_0180_convert_20170512170017.jpg

アジのあるワインオープナー。

DSC_0167_convert_20170512165833.jpg

よーく探すと何か出てきそう。玉手箱を開けるときみたいな感覚に陥る。(玉手箱は開けたことはないけど…)

DSC_0168_convert_20170512165849.jpg

DSC_0169_convert_20170512165639.jpg

DSC_0175_convert_20170512165910.jpg

DSC_0176_convert_20170512165925.jpg

これは、アイロンなんだそうだ。鉄の部分を熱くして使用する。

DSC_0178_convert_20170512165944.jpg

このアンティーク市の出店は約200店舗。その歴史は1689年にさかのぼる、というのだから、由緒正しきアンティークな歴史ある骨董市なのだ。

DSC_0193_convert_20170512170145.jpg

それにしても、何時間居ても楽しい…💕

DSC_0181_convert_20170512170036.jpg



関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. Veneto/ヴェネト州
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
| top | モエーケを食べる>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/946-037d77fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)