パドヴァのとっておき。

北イタリア・ヴェネト州パドヴァより、料理や季節のおいしい情報を中心に、日々のできごとを綴ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
イストリアのオリーヴオイル :: 2009/11/30(Mon)

パドヴァの老舗カフェ、カフェ・ペドロッキCaffè Pedrocchiの一角で、クロアチアのイストリア地区のオリーヴオイルとワインのミニ展示会が行われている。

イストリアは北東イタリア側トリエステからスロベニアを通ってクロアチアに入った三角地帯。
この地区のオイル生産は、古代ローマ人からの歴史がある。現在オイルを生産する木は10,000本とされている。

生産量から見るとそれほど大きな産業とはいえないだろうが、土着感の強いものだと想像する。消費もほとんどがこの地区及び隣接するスロヴェニアでまかなわれているとのこと。

IMG_5505.jpg

IMG_5507.jpg

会場には15業者のオイルが持ち寄られている。小さな展示会だけあって、生産者が横にたち、オイルの試飲をさせてくれる。
小さなカップに入れたオイルを手で覆って温めることによって香りが開いてくるのだ、と正しい味見の仕方を教えてくれ、その通りに実践すると、温度によってオイルの風味もどんどんと変わるのが判っておもしろい。

いくつか味見をさせてもらったが、軽い風味、口に含んだ瞬間はサラリとして喉を通ると心地の良い刺激が残る。クセがあまりなくて何度か訪れたこの地域の夏の青い海を想像するような。。。これは単なる先入観か??

この週末から、毎年恒例の大きなクリスマスツリーのイルミネーションが点灯した。パドヴァのそれはそれほど華美ではないものの、周囲の建物と調和していて美しい。

IMG_5514.jpg
関連記事


テーマ:イタリア - ジャンル:海外情報

  1. 料理・素材
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<ダ・ルーカ・エ・フレドDa Luca e Fred | top | カフェの値段>>


comment

コップに入った緑の液体は「EXVオリーブオイル」ですか?
だとしたらすごい色ですね。。味わいはいかがなものでしょう。。
  1. 2009/12/01(Tue) 17:40:05 |
  2. URL |
  3. PRIMA #PW4pxj66
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

Primaさん
そうです、オイル。口あたりはサラリ、でもちょっとクセのある独特のオイルでした。
  1. 2009/12/01(Tue) 18:43:49 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

今年も、オリーブの季節ですか。ちょっと草っぽい、えぐみ、にがみ、想像するだけで、たまりませんね。うらやましいです。
  1. 2009/12/01(Tue) 23:28:52 |
  2. URL |
  3. mzako #VSis6YEY
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

zakoさん
こんにちは。オイルもそれだけに集中して試飲するとそのおもしろさにはまりそうになりますね。例のパスタはどうですか??
  1. 2009/12/02(Wed) 03:57:53 |
  2. URL |
  3. aki #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://violamasako.blog83.fc2.com/tb.php/95-831703c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。